【オンライン講座・ブレンド型講座】高速学習「教授法」講座

講座・授業のWeb化実現講座

リアルでおこなっていた講座を、オンライン/Web化する、あるいはブレンド型の講座を構築するためのノウハウを語っています。
ご質問はぜひ遠慮なくコメント欄に書くか、Twitterでメンションしてください。

それはそれとして、コンテンツをどうぞ。

いきなりこのページに来た方は、一応、こちらのページも見ておいてくださいませ。
教授法講座の解説

1.概論(導入)

動画の中で語っているメモ用ノートは、こちらのリンクからダウンロードしてください。
⇒【講座用ノート

2.概論(その2)

  • なぜ成果志向が求められるのか?
  • 教育工学・教育心理学的な視座から何が見えるか?

この講座パワーポイントPDF

導入編の2つの動画に対応するパワーポイントのPDFです。

3.指導法設計の4つのポイント

4つのポイントのうち1-3のPDF

1.Instructional Design

総論的に「学習指導をどう設計するか」というお話です。4つの観点の1つ目ではありますが、全体に関わる話ですので、ぜひ自分の講座・教育活動全体を思い浮かべながら学んでください。
なお、うっかり説明し忘れていたのですが、「Blended Learning」というのは、リアルな教室での一斉授業、PCやネットワーク環境を活かした個別学習、ディスカッションスペースを使ったグループワークなど、環境とメディアを様々に組み合わせることで効果を上げようとする教育手法です。

1-1.メディア・教材の設計
1-2.学習環境の設計

グループワークやOB/OGの関与、指導者の直接的な関与、あるいは教室環境の設計などをおこなうことで、学習者のモチベーションを上げ、正しい努力を続けていくことが可能になります。
正しい努力をコツコツ続けていくことこそ、学習目標達成最大の鍵です!

1-3.到達目標の設計

到達目標を明確な形で設計すると、その目標達成のために必要な要素、それを学ぶプロセス、指導者側の指導のステップなどが見えてくるため、お互いに、「何を学習/指導すべきか」が明らかになるため、非常に努力しやすくなります。

2.教材設計 & 3.自己調整のデザイン

4.効果的な指導法・学習法

4.実際の講座設計例(コピー講座&速読講座)

速読講座のサンプルページはこちらです。

なお、速読オンライン講座は、Wordpressを使って構築しており、Simple WordPress Membershipというプラグインで会員管理をしています。

参考文献など

編集が追いついておりませんので、「こういうことを知りたいんだけど、資料とか論文ってない?」みたいなご質問はTwitterでメンションするか、メールでお問い合わせください。

Coursera:Blended Learning

ブレンド型講座を学ぶのには最適な教材です。しかも、この講座そのものがOnline講座の形式で作られているので、オンラインでの効果的な教材設計が体感できます。

書籍:『ブレンディッド・ラーニングの衝撃』

学術的な内容をきめ細やかに整理した本。資料にはなりますが、役に立つか?と質問されると答えに困ります。
ブレンディッド・ラーニングの衝撃

0 0 vote
Article Rating
3
0
Would love your thoughts, please comment.x
()
x