「VAKのタイプに合った学習が効果的」は本当か?(ウソでした…)

学習の世界では、ウソか誠か誰も確認したことがないのに、まことしやかに語られ、教育もそれを指導している…というものがあります。
 
日本でよく行われている非効率な学習法として有名なのが

  • 音読して憶える
  • 漢字や英単語を何度も書いて憶える
  • 教科書の重要な箇所にアンダーラインを引く

恐らくこの3つは「学習都市伝説ゴールデントリオ」とでもいうべきものでしょう。
 
それと比較すると「知る人ぞ知る」というレベルではありますが、知っている人が得意げに語りがちなのが、今回とりあげる「VAK学習タイプ」というものです。
 
結構、専門家っぽい人まで鼻高々に語りがちなので、欺されないように注意したいものです…

VAK学習タイプとは?

VAKとは一般的には

  • Visualタイプ(視覚優位タイプ)
  • Auditoryタイプ(聴覚優位タイプ)
  • Kinetheticタイプ(身体感覚優位タイプ)

という3つの感覚のタイプを指し、このいずれが優位かによって学習のスタイルなどを変えると効果が上がるよ、というものです。
実際、「VAK 学習」で検索すると、うじゃうじゃと解説ページが出てきますので、一度Googleさんに入力してみてください。
 
このVAKという概念は、1980年代に提唱されたもので、KolbやHoney & Mumford、Felderといった学者らが学習フレームワークとして整理しています。
しかし、もともとそれほどエビデンスに基づいたものとは言い難く、しかも現在ではその説明すら無茶苦茶になっており、「Visual(視覚的)」の説明に「単語帳を使う」という全然ビジュアルじゃないものを入れて説明された例も見られます。
 
この3タイプは、もともとGardnerという学者が提唱した「Visual-spatial(視覚空間的知能)」「Verbal-linguistic(言語的知能)」「Bodily kinesthetic(身体的知能)」という3つの知能(intelligence)に沿ったものとして展開されたようです。
 
実際、学習者の好む方法(というより、得意なコミュニケーションタイプ?)としては、このような分け方も、あながち間違っていないのですが…

VAKの何が問題か?

問題は「学習者の好み」と「学習効果」を同列に論じてしまっており、しかもその効果を科学的に検証することなく「好き=ストレスなくやれる=効果的」と考えてしまっていることです。
ですが、科学的な研究を見ると、VAKの好み・得意不得意に応じて学習方法を変えても、学習効果が上がる事実はまったく見られていません
 
好みと効果は別問題!── この単純な事実を見ずに、指導者の盲信によって、「これこそ、あなたにぴったりの方法です!」的に提案してしまうのは問題です。
もっと効果的な学習法があるのに、それをスルーしてしまう可能性がありますからね。そして、学習効果が上がらなかった際に何が問題なのかが分からなくなってしまいかねません。

先ほどの「Visual」の学習法として「単語リスト」を出すのは間違いと指摘しました。これはAuditoryのタイプに含めるのが妥当だと考えられます。「Auditory」の元になっているのが「Verbal-Linguistic」ですからね。
通常、Visualとしては、映像学習やイラスト、マインドマップ、概念図など、あくまでビジュアライズされた教材やビジュアルなノート作りを指します。
ちなみに、さすがにVAKという3区分は雑だろう…と指摘する学者や先生らは、VARKとして「R:Read/Write(文字の読み書き)」を挿入することで、単語リストやテキスト学習を独立させています。

VAK学習タイプの現実…

こちらの論文では、「Visual」タイプの学生と「Auditory」タイプの学生を比較した研究の結果が論じられています。

結論としては「学習タイプ(論文中ではLearning Style)はまったく効果的とはいえなかった」とされています。

 

面白いことに、視覚優位タイプの学生も聴覚優位タイプの学生も、視覚系の学習タイプの方が記憶テストの結果が高かった(2倍くらいのスコア)ことも示されています。
また、聴覚タイプの学生が視覚学習をした時のスコアが一番高く、視覚タイプの学習者の聴覚学習スコアは、聴覚タイプの学習者の聴覚学習スコアより若干高い!
つまり、効果がないというより、逆効果があったという結果だったわけです。(笑)

 
こちらの論文でも指摘されているのですが、学び手にとって快適に学習が進むような条件を、指導者が考えるのは非常に素晴らしいことなのですが、科学的な根拠もなく感覚・経験に基づいて指導したり、あるいは「みんながそう言っているから正しいんだろう」という盲信によって指導してしまうと、学び手の可能性を奪ってしまう可能性があります。

何か最もらしい話を聞いたら「それは本当か?」とエビデンスを確かめる習慣を身につけたいものですし、そもそも何より、目の前の学び手の可能性を信じて「このやり方で思ったように成果が出ていないとしたら、やり方がまずいのではないか?」と指導法を問い直せる思考回路、「もっと高いレベルの効果を引き出せるのではないか?」とさらなる改善を探求する思考回路を持ち合わせたいものですね!

効果的な学習法はVAKのスタイルではなく…

好みの学習タイプであれば、頻度も上がり、熱意もあって効果が上がりそうですが、残念ながらそういうわけでもない、というわけです。
そういう自分が(あるいは生徒さんが)好むやり方は、もちろん考慮するとして、学習効果を上げようと思ったら、心理学的に効果的とされる手法を採り入れることが必要なんですね。(^^;
 
ちなみに、VAKのいずれに関わらず、視覚系学習と聴覚(言語)系学習とをミックスして学習するのが非常に効果的という結果が、先の論文では示されています(Dual Codingという言葉で表現されています)・
 
ちなみに何かを記憶するための学習であれば、こちらの記事で紹介している「retrieval practice(想起トレーニング)」がお薦めです。


 

追伸:他の学習神話も知っておいた方がいいかも…?

効果的な学習法を具体的なやり方も含めて学びたい方へ

司法書士スクールや、全国多数の学習塾、学習系コーチの先生方に採用された学習法です。
司法試験の合格者も誕生!

0 0 vote
Article Rating

関連記事

Subscribe
Notify of
guest
0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments
0
Would love your thoughts, please comment.x
()
x