記憶術より効果的?! 学んだことを頭に残しやすくする3つの工夫

「範囲が広すぎて、最初の方の内容をどんどん忘れていく」
「難しい専門用語や数値などが、なかなか憶えられない」
 
資格試験とか専門領域に関する学習をしていると、そんな悩みってありますよね。(^^;
 
あなたも、ひょっとすると
 
「記憶術とか効果あるんじゃない?」
 
なんて思ったかも知れません。
 
しかし、実は記憶術なんかに頼らなくても、
頭(記憶)に残るように学習を進めていくことは、全然難しくないんですよ。
 
というか、ほとんどの記憶術はほぼ資格試験などで無力です…
 
実際、有名な記憶術講座の先生から
 
「受講生の方から、
 講座の中で300個の英単語とか憶えられたけど、
 資格試験で、それをどう使って良いか分からないって
 相談を受けているんですよ。
 どう指導したらいいんですかね?」
 
という相談を受けたことがあります。(汗)
 
そんなわけで、「記憶術より効果的!な記憶法」についてお届けします。(^^*♪

記憶への道は「憶えよう!」を手放すところから

まず、分かっているはずなのに、ついついこだわって手放せないこと・・・
 
それはがんばったところで憶えられないのに、
どうしてもがんばってしまう
ってこと。
 
がんばって憶えられるなら、
学生時代、そんなに苦労しませんでしたよね?

手放すために、3つの原理を理解しよう

憶えなきゃ!を手放すためには、
「大丈夫だから、安心して!」って要素が
必要ですよね。
 
それが分からないから必死になっちゃうわけで…
 
原理を知った上で、その原理にみあった工夫をしてみましょう!
 
まず1つめ。

【1】何度も「思い出す」作業をしないと、記憶は残らないよ!

よく相談を受けるんですね。
 
「何度もテキストを音読してるんですが、
 憶えられないんですよ…」
とか。(汗)
 
何度も読んだり書いたりしたとしても、憶えるべき言葉が
目の前にある限り、脳は「憶えなくていいよね♪」って
判断しちゃいます。
 
読むんじゃないんです。書いてもダメなんです。
思い出すんです。
 
これを「Retrieval Practice(検索演習)」って呼びます。
 
とっても重要ですよ。はい。

☆工夫その1☆
テキストを読むのは「理解」のため。
難しい漢字とか言葉を書いてみるのは「言葉・文字の確認」のため。
テキストを音読するのは「音として印象に残す」ため。
それ以上の意味も効果もありません。
なので、テキストにせよ問題集にせよ、思い出すために使うことを考えてみましょう!

 
じゃ、次いってみましょう!

【2】復習を時間をおいてからやろう!

問題を解いてみたら、間違えた、憶えていなかった…
 
問題を、やり直しますよね?
それはOKなんです。正しい答えを確認するっていう意味で。
 
ただ、その後、1から3日くらい間を置いて
やり直してみてください。
 
それでもダメなら、また数日後に…
 
そうやって、「忘れかけた頃に、思い出す作業をする」ことが
記憶を強くするんです。

☆工夫その2☆
問題集に取り組んで、間違えたら、
いや、間違えなくても、頭をひねらなければならないようなら、
日付を書いた付箋を貼っておきましょう!
その日から3から5日程度おいてから再チャレンジ!
さすがに何回も間違えるようなら、ノートに書き出して、
特別待遇にした方がいいでしょうね・・・

 
それではラストの原理と工夫です。

【3】多チャンネルの入力ツール、出力チャンネルを用意しよう!

同じテキストを繰り返すことは重要です。
 
でも、たとえば音声教材、イラスト&マインドマップのように、
使う回路(耳、手、イメージetc)をマルチにすることで、
学習の機会も増えますし、印象・記憶への残りやすさもアップします。

☆工夫その3☆
くどいようですが、それを「入力」にばかり
使っていては効果薄ですよ。
音声教材をチェックシートアプリと併用するとか、
マインドマップを作ったら、それを虫食いにするとか・・・
いろいろなタイミングで、いろいろな記憶チャンネルを使って
思い出す作業をできるように教材を一工夫しましょう!

 
ということで、「どうやったら憶えられるんだろう!」という
悩みをお持ちのあなた!
 
ぜひ参考にしてみてくださいませ。(^^*♪

参考記事

こちらの記事もどうぞ。
本記事中にある「Retrieval Practice」について紹介しています。

関連するエントリー

  1. なぜ読書は成果や成長に結びつかないのか?

  2. 読書で手に入るものは何か?

  3. だから読書が無駄になる!── 目指すゴールで変えるメモのコツ…

  4. 著者との共同作業としての読書

  5. 「返金保証?」─ そんな無責任な!と考える訳

  6. 百聞は一見にしく?しかず?

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Optionally add an image (JPEG only)