速読はパフォーマンスに過ぎないのでは…という懐疑心が…

日本リビングフード協会代表理事 いとうゆき様

速読は以前から興味がありました。
ただ一方で 「人間はトレーニング次第で本当にあんなに早く読めるようになるのか?」と、半信半疑な気持ちも持ち合わせていました。
過去にTVで観た胡散臭い速読者の記憶が頭に残っていて、速読はパフォーマンスに過ぎないのではないか、という懐疑心があったのです。
だから受講初日などは、寺田先生に怪しげなところはないか、お話の一語一句を確認しながら聞いていたものです。

さぁ、私と同じ疑問を持っている貴方! 今、私は「速読は科学に基づいたテクニックだ」と言い切れます。
ここで「なぜ?」と思われた方は、ぜひ受講をご検討ください。謎が解けますよ(笑)

ちなみに私が3日間講座を終えて大きく変わったことは、楽に読み進められるようになったこと。楽だからたくさん読める。そして、肩の力を抜いて読んだ方が重要なところだけが頭に残るので、1冊に時間をかけて読むよりも、読書後に頭の中が整理されているというメリットがあることにも気付きました。

個人的なことになりますが、人にものを伝える仕事をする上で情報収集は必須です。最近はネットを通じて誰でも簡単に情報と知識を得ることができるので、私のクライアント様(生徒様)のレベルはどんどん高くなっています。
私はこれからも読書を通じ、ネットよりも深いレベルの情報収集に努めなくてはなりませんが、受講後はこれをプレッシャーに感じることもなく、今は素直に読書自体を楽しんでいます。

関連するエントリー

  1. 短期間で本をたくさん、深く読めるようになりました

  2. 本を読む時間がない、と思うことがなくなりました。

  3. ハズレの本に当たりにくくなりました

  4. 講座学習後、あらゆるシーンで応用が効いたのが何よりの成果でし…

  5. 噂を聞いてわざわざ福岡まで受講しに行きました

  6. 専門職の方にも通用するメソッドです