【BizDojo】著者の主張の構造を丁寧に把握しよう【201907】

今月の課題図書

『英語化は愚民化』

今月のテーマとねらい

  • 1.主張の論拠を的確に把握、整理しよう。
  • 2.著者の主張に対して根拠を明示しつつ、自分の意見を展開しよう。

今月の動画

■ワークシートを印刷し、手書きでメモを書き込んでください。左の欄には「章ごとの論点(問い)」を、右の欄には、その章の「中心的主張およびその論拠」を書きます。また、この欄(右の欄)には、章ごとのつながりやまとまりが分かるような書き込みも工夫してみてください。
最下段は本書の主張の概要を、全体を網羅する形で手書きで書いてください。
ワークシートダウンロード
■コメント欄には、本書を読んで「日本で英語を重視した教育を充実させていくこと」についての意見を、根拠を明確に示しながら、800文字以内で展開してください。(こちらの課題は添削対象者のみ受け付けます。)
■課題提出〆切は第1回目(2回添削を受ける方):7/21、全体の提出締め切りは29日それぞれ21:00です。

今月のプレゼント動画

読書道場のワーク参加会員さん限定でお届けしている「読書法講座」の動画です。
今回の内容を、もう少ししっかりと理解していただくために特別に公開します。

添削を受けて、思考力・要約力・表現力を高めたい方へ

継続的にフィードバックを受けたい方は「月額添削会員の登録」をどうぞ。

  • ビジネス読書道場で個別の添削(朱入れサービス)を受けたい方は、こちらからお申し込みください。お申し込み完了後に、現在お支払いいただいている基本料金の来月以降の課金を停止し、今月分をキャンセル処理いたします。

シンプル文章チェック(添削1回)コース

  • 単にワークに取り組むだけでなく、自分の癖やズレを指摘してもらい、改善の方向を学びたいとお考えの方にお勧めのオプションです。
  • 添削は月に1回だけ受けていただけます。毎月「15日」までに提出していただき、その3日以内に添削をお返しします。その後、26日までに再提出していただいたものを、他の方と一緒に動画の中でフィードバックとしてお返しします。

今月のみのフィードバックは9,000円(添削1回)となります。

文章処理&要約力鍛錬コース(添削2+1回)

  • 文章の処理と要約、そしてその表現について、客観的なアドバイスを受けて修正し、完成度の高い文章として出力できるようになることを目指します。
  • 添削は月に2+1回、受けていただけます。
    1)毎月「15日」までに第1回目の課題をご提出いただきます。その後、3日以内に添削をお返しします。
    2)それを受けて加筆修正したものを「26日」までに提出してください。それも朱ペン入れをした上で、解説動画の際にお返しします。
    3)動画フィードバック+添削を受けて1週間以内に再提出してください。最後に「文章」として完成度を上げられるようなフィードバック(朱ペン入れ)をお返しします。

今月のみのフィードバックは15,000円(同じ文章の添削2回)となります。

添削が不要になった場合は、ベーシックコースに戻していただけます。

2019年の課題図書について

関連するエントリー

  1. 保護中: 【201804】論の構造を可視化しよう!【ビジネス…

  2. 保護中: 【201602】比喩を分析的に読んでみよう【Biz…

  3. 保護中: 【201703】言葉の奥行きとつながりを楽しもう…

  4. 保護中: 【201608】著者の主張をコンパクトに整理しよう…

  5. 保護中: 【201612】主観を捨ててブックレポートを書こう…

  6. 保護中: 【201711】コミュニケーションのスタンスの違い…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

Optionally add an image (JPEG only)