【目標達成へ!】今年残り2ヶ月を価値あるものにするために、今すぐやるべきこと

2013年も残すところ、2ヶ月余り。
10月27日で、元旦から300日ですよ!
 
あなたは、この10ヶ月順調にゴールに向かって進んでいるでしょうか?
 
もし、目標への進捗が思わしくないようであれば、ぜひ、ここらでねじを巻き直して、残り2ヶ月で挽回しちゃいましょう!

1.目標の再確認と現状の棚卸しをする。

何はともあれ、現状確認です。
年始あるいは年度初めに立てた目標を1つ1つ俎上に上げて確認作業をしておきましょう。
 
進捗状況(達成度,プロセスの進捗度)によって、次の3つのランクに分けておきます。

【Rank A】順調に推移しており、問題なし。あるいは少し頑張ればどうにでもなる。
【Rank B】進捗が5割未満の「よろしくない」状況。
【Rank C】ほぼ手つかず。手は付けていても完全に未達成。

2.この10ヶ月のプロセスを振り返り、改善点を抽出する。

目標達成へのプロセスは5段階に分けて考えることで、問題を解決したり、壁を乗り越えたりしやすくなります。
 
【1.目標設定】
⇒【2.現状把握】
⇒【3.戦略策定】
⇒【4.行動・継続(習慣化)】
⇒【5.目標達成】
 
このどこでつまずいてしまったのかを見極めることは非常に重要です。
 
もちろん、Rank Aのものは問題ありませんので、俎上に上げるべきはBとCだけ。

論外とも言えるRank C!

まったく行動にすら移せなかったのか(気が乗らない、時間がない)、
行動し続けたけど、まったくそこにたどり着けなかったのか、
いずれにせよ、基本的に「目標の立て方が間違っていた【1~2の段階】」と考えていいでしょう。

それなりに進んでいるのに、目標に到達しないていないRank B

これは、どこに問題が潜んでいるか、きちんと分析する必要があります。

  • 1.目標にそもそも問題があった(非現実的な目標だった)。【1~2の段階】
  • 2.戦略なり行動計画に問題があった。【3~4の段階】
  • 3.継続する仕組みがなく、3日坊主に終わった。【4の段階】

3.今年の目標の「向こう側」を見据えて、目標それ自体を見直す。


 
達成しうる目標の立て方(SMART原則に基づいた目標)になっていたかどうか、そこはもちろん問題になるところです。
しかし、それ以前の問題もあるかも知れません。

そもそも、今いる現場に根ざした、地に足のついた目標だったのか?

別に、地に足がべったり着いた目標を立てろってことではありません。ただ、足場もないのに飛躍はできないわけです。「今」と「未来」をつなぐための足場となる目標を用意すべきだったのかも知れません。
目標設定SMART原則の「A:達成可能であること(acievable)」は、戦略立案に関わる重要事項なんです!

SMART原則にしたがって、実現可能性のある目標に設定しなおす。
今の目標を「長期目標」にし、その足がかりとなる短期目標を新たに設定する。
妥当な目標かどうかアドバイスをもらえる人を探しましょう!

そもそも、自分の人生・ビジネスのゴールにつながる、心から達成したい目標だったのか?

知り合いに、勤め人ながら「出版する!」と目標を立てた人がいました。しかし、3年経っても1 mmも前進していません。「残業だらけで忙しいんです」と。
もし、出版が人生の大きな目標に結びつく重大事なら、転職するという道もあったはずですが…。

達成しても人生が豊かにならない、達成しなくても問題がないなら迷わず捨てる!

4.これから2ヶ月のリソースの配分を考え、予約する。


 
目標の再設定が終わったら、戦略の再立案に進みます。
ただ、もう2ヶ月しかありません。
 
あくまで、当初立てた目標にこだわり結果を出すのか(今と現場にフォーカス)、
長期のビジョンにしたがって、2014年の目標に再編入させるのか、冷静に判断しましょう。

戦略を見直してみよう。

建て直した目標に対して、どんな打ち手があるのか?
これは自分の視野、経験だけでは答えが出ないことが多いもの。
 
何かテキストになるような書籍を探してきて読むのも1つの手。
ですが、可能であれば、ぜひその道のプロに頼んでアドバイスをもらいましょう。

リソースを確認しよう。

目標達成に使えるリソースはスキル・知識時間お金人脈(人の支援・協力)の4種類。
 
それぞれ必ず制約があります。
何をどう組み合わせたら、最大の効果を手に入れられるのか冷静に計算しましょう。
 
時間が一番貴重なリソースです。
これから2ヶ月のスケジュール帳を取り出し、予定を確認した上で、
リソースとして活用可能な時間を徹底的に掘り起こしましょう。
 
また、その時間を無駄にしないためにも、
再三、書いているように「プロに頼む」ことも考えるべきです。
これは「お金」と「時間」という2つのリソースの交換と考えられます。

リターンを見据えて、リソースをフル活用する。

リソースを活用する上で、心に留めておくべきコトは3つあります。

  • 1.手に入れたいリターンを計算し、最大限の投資をすること。
    …お金をケチるのはもったいない!その投資が長期にわたりどれだけリターンをもたらすか計算しましょう!
  • 2.優先順位に応じて、大胆にリソースの傾斜配分をおこなうこと。
    …目標の重要度、リターンの大きさに応じた傾斜配分は重要です。その究極が「やらない」ことですが…
  • 3.目標達成、人生のゴールに貢献しないイベントにリソースを使わないこと。
    …忘年会シーズンに突入する前に、「酒は飲まない」「9時半には上がる」「○○以外は参加しない」など決めておきましょう!

これから2ヶ月のスケジュールとリソース投資を確定する。

10月27日で300日目ってことは、残り65日しかありません。
忘年会以外は、もうスケジュールはほぼ確定しているはずです。
 
目標達成のためのリソース配分も、今、やってしまいましょう!

  • 1.時間の天引き=動かせない予定として埋め込む。
  • 2.投資する金額、何を誰に依頼するか決定して、連絡先を確認しておく。
  • 3.絶対にやらないことリストを作る。
  • 4.進捗を可視化するために、目標達成へのプロセスをできるだけ細かいTo doに分解する。
  • 5.細分化されたTo doをいつまでにやるか、通過点を1週間毎に区切る。

独りの時間、NO-PC/SmaHo時間を大事にする。


 
あとは行動するだけですね。
この期に及んで行動できない人はいないはず!(笑)
 
ですが、その質を高めるために決定的に重要なことがあります。
 
毎日、夜か朝に15分。毎週末に30分、
その日、その週の振り返りをおこなう時間を必ず確保すること。
 
ここで細かく反省をおこない、明日へ、来週へつなぐバトンを整えましょう。
 
その時はスケジュール帳とペンだけを用意します。
集中力を下げる携帯とPCは電源を切っておきましょう。
 
たった15分、30分のこと。心静かに自分と対話してください。
それだけで、翌日、翌週の充実度が俄然アップするんですから!

『精神的な再新再生を図るには、時間を投資する必要がある。
それは第二領域の中でも極めて重要な活動のひとつであるため、
無視している余裕はない。

──『7つの習慣』(フランクリン・コビー著)より

ということで、あなたの2013年の〆の2ヶ月が充実することを、心からお祈りしています。
 
終わりよければ、すべてよし!── ですよ。v(^^*

関連するエントリー

  1. 読書で想像力は鍛えられるのか?

  2. あなたの成果を決める!口癖の魔法(もしくは呪縛)

  3. 読書の学びを深めるために、必ず取り入れるべきもの

  4. ガツンと集中し、ハイパフォーマンスな力を発揮するには?

  5. なぜ「読書を考える」ことと「人生を考える」ことはイコールなの…

  6. 速読講座のBefore⇒Afterの闇

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Optionally add an image (JPEG only)