あなたの読み方は間違ってる!

「手にした本はぼくのものだ。
 ぼくの本をどう読もうと、それはぼくの勝手だ。」


 ── 永江 朗著『不良のための読書術』

謙虚に読む。
でも、主体性を忘れずに読む。
 
一見、矛盾して見える読書の姿勢ですが、
 
この両者が共存していてこそ、の学び。
 
そういえば、7つの習慣でも
 
「理解してから理解される」
 
「主体性を発揮する」
という2つがありましたよね!
 
☆参考エントリー

関連するエントリー

  1. 「速読で多読」を価値あるものに変える、たった1つの鍵

  2. 知的レベルを上げたい人は何冊読めばいい?

  3. 学びの成果の責任を、講師がどこまで負うべきか?

  4. 相手のアタマと心に刺さるコトバは、どうしたら生み出せるか?

  5. ビジネス文章技術を学ぶなら、この3冊は絶対に手元に置いておこ…

  6. 「記憶に残る読書」にするために意識すべき3つのポイント

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Optionally add an image (JPEG only)