あなたの「分かった!」は本物か?

「文章を理解するということは、
 書かれている内容を読者が
 自分のなかに再構築することである。」


 ── 長尾 真著『「わかる」とは何か』

再構築するためには、
 
言葉の専門的知識、社会背景、文法理解など
 
様々な「理解のベース」を持ち合わせていなければなりません。
 
文章であれ、対面であれ、
 
なんと、コミュニケーションの難しいことか!
 
☆超お勧め書です!
 
何かについて(事象にせよ、文章にせよ)「分かる」ということはどういうことなのか、科学的、論理的に分かりやすく解説してくれています。
 
自分の本の読み方、ニュースの見方に、非ロジカルな部分はないか、それをどう克服したらいいのか。そんなことが理解できます。
☆自分の「わかった」は本物か、点検する意味でご一読を!
 『「わかる」とは何か』(長尾真著)

関連するエントリー

  1. 【読書力&速読力アップ!】岩波新書・重ね読みトレーニング

  2. 英語力不足の僕が、英語の学術誌を読む時に使っている秘密兵器

  3. 僕らはなぜ、ちゃんと読んですら、ちゃんと理解できないのか?

  4. 読書で学ぶベースには…

  5. 2017年に読んだ本の中で、あなたにぜひ読んで欲しい6冊+α…

  6. 本から広がり出る三次元の世界とは…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Optionally add an image (JPEG only)