「紙の書籍離れ進む」の先にあるのは、どんな未来か?

大学生の読書離れが話題になったのが2017年。ついに過半数の大学生が、ほぼ本を読まなくなったと騒がれました。
2018年はやや持ち直したものの、48%が読まない、と。
大学生の読書時間別割合の推移
《全国大学生協連合会調査レポートより》
 
そして2019年12月24日の日経新聞朝刊の記事。

全年代を合わせ、1カ月に本を全く読まないとした人は49.8%に上った。2013年にまとめた同様の調査の28.1%から、大幅に増えた。

記事では「紙の本」を読まなくなったとしています。実際、「紙の雑誌」は特に読まなくなったよね、と。しかも20代が顕著だよ、と。

全く読まないとした人が特に増えたのは20代で、13年調査に比べ25.1ポイント増の52.3%と倍増した。

まぁ、高校生から大学生にかけて本を読まなくなっているわけですから、20代は読んでいないでしょうよ。
 
では、読まなくなったら何か問題でもあるの? という話ですよ。
 
紙の雑誌を読んでいない》という部分については、「ま、そりゃそうだろうね」というのが正直なところで、特に意見も感想もありません。だって、紙の雑誌は、Web媒体でいくらでも代替が可能ですから。
重たくなくてゴミも出ないWebメディアで同じ情報が得られるのであれば、そりゃ手軽なWebメディアが勝つに決まっています。
 
問題は「紙の本」です。
 
「いや、本だって雑誌と同じくWebメディアとか電子書籍に置き換わっただけじゃないの?」
 
「BLOG記事とかNewsとか読んでいる人も多いから問題ないんじゃないの?」
 
そういう楽観論はもちろんあるでしょう。「だから、若者は《紙の本離れ》はしていても、《活字離れ》はしていない」という理屈は成り立ちます。
 
でも、本質的な部分で代替が可能な雑誌と違い、紙の書籍をWeb上のブログやニュース記事で代替することはできません。
 
では、書籍の本質がどこにあるのか?
 
「ノウハウの吸収」とか「情報の新陳代謝」であれば、電子書籍でもいいし、ブログでもいいんですよ。だから、「紙の本」といっても、それが文字が少ない、内容も薄いビジネス書とか自己啓発書であれば、ブログや電子書籍で置き換え可能かも知れません。
 
でも、本の本質はそこにはない、と思うのです。
読書の本質を、言葉の処理能力、論理的な処理能力を養うための作業と考えるなら、それはブログや電子書籍では代替できないんです。
語句のつながりというレベルでのミクロレベルの読解力。書籍というコンテンツの中での論理的な一貫性、ロジックの構造を読み解くマクロレベルの読解力。これらは、紙の本と格闘する感じで、脳に汗しながら読まなければ。
 
「えっ?なんで紙の本じゃなきゃだめなの?」
 
と思うかも知れません。別にブログでも同じことができそうじゃん、と。
 
でも、どうやら、紙の本と電子の本とでは、脳の処理、記憶の処理に違いがあるようなのです。身近な例でいえば、パソコンの画面上でいくらがんばって誤字・脱字を探しても見つからず、印刷して初めて「あちゃー、ミスった。印刷しなおしじゃ…」ということってありませんか? あれは、電子メディア上の文字情報を脳が集中力高く処理できていない証拠なんですよ。
 
詳しく知りたい方はこちらの記事をどうぞ。

 
といったことから考えると、「紙の本離れ」というのは、かなり重大なレベルで未来を毀損しそうだってこと、おわかりいただけるのではないでしょうか。
 
これは日本人のサバイバル能力(情報化社会、知識基盤社会を勝ち残るためのスキル)が低下する可能性があるってこと。AIの時代に、情報処理能力や論理的思考力がなくて、どうやって主体的に仕事をしてこうってんですか?
紙の本を離れた日本人に残されるのは、誰かの指示通りに、機械的に丁寧な仕事をこなすことくらいってことになりかねません。
そうならないよう、紙の本、それも語彙が豊かで、論理も表現も深くて豊かなものを選んで読んでいこうではありませんか!

Leave a Reply

avatar
Photo and Image Files
 
 
 
Audio and Video Files
 
 
 
Other File Types
 
 
 
  Subscribe  
Notify of

関連記事