「速読は詐欺/うさんくさい」に対する速読研究者からの返事

1冊1分とか3分とか…
右脳を活性化するとか…
速読がいかに簡単に天才になれる(近づける)かという
詐欺的なマジックワードが、
いろいろな速読講座・教室のHPなどで主張されています。
 
学習塾だったら「入試で有利!」とかね。
 
そんな、簡単に天才になれたり、
成績が上がったりするなら、
日本の教育力も安心ですが…
 
現実には、ねぇ。(^_^;
 
そんなこんなで、

速読は詐欺

速読はうさんくさい

こういう罵倒をネット上ではよくいただきます。(苦笑)
 
YouTubeの動画でも何度コメントとして書かれたか…!
 
今日も頂戴しました。はい。

今日の「速読は詐欺」罵倒コメント

速読は詐欺だろ?コメント
おっしゃりたいことはよーく分かります。
えぇ。
 
私自身、速読業界の詐欺状態を健全化したいと
思って、あれこれやっておりますので。
 
でも、今のところ・・・
詐欺速読の発信力に惨敗
実際のところ、日本や世界に存在する速読メソッドは
ほとんど例外なく詐欺と考えて間違いありません。
 
ここで「速読教室は詐欺」という場合、
次のような点へのツッコミを含んでいます。

  • 採用しているメソッドが非科学的で、とても速読を修得できるものになっていない。
    例:視点を高速に移動させる、視野を拡大する、右脳を活性化する、写真として取り込む、潜在意識にダイレクトに…
  • 寺田の元に来て、速読を修得させられない…という相談を持ちかけた実績があるのに、宣伝だけはしっかりすごいことを主張している。
  • 「速読できる人がいる」ことと、「自分の教室のメソッドで速読をマスターさせられる」ということ、さらには「誰でもマスターさせられる」こととを意図的に結びつけて説明している。
  • 講座でうまくいっていないことを、すごい実績であるかのように紹介している。

まぁ、ずばり裁判を起こせば勝てるようなレベルの詐欺です。

「科学的」をうたい、大学と共同研究しているところも詐欺?

すべてをひとくくりにして断言することは難しいのですが、
代表的なものとして、『速読の科学』という書籍を挙げてみます。
 
この本は科学的に、速読できる人のことを研究したよ!
というものに過ぎず、科学的に速読のメソッドが
解明されたというものではありません。
 
そして、この本には書かれていませんが、
別の脳科学的な実験に、
その教室での訓練経験が6.2~8.2年にも及ぶ
3人の方が参加していらっしゃいます。
 
結果、普通の人の倍くらいのスピードで読めていますが、
理解テストの成績が悪く、研究論文の結論には
次のように記されています。

With regard to speed-reading, on the other hand, the results revealed rather poor performance in the Park-Sasaki trainees. That is, the negative speed-accuracy correlation involving both untrained participants and the trainees suggested a speed-accuracy trade-off.
──────────────────
▼寺田の適当な意訳▼
速読については、結果を見る限り、佐々木・パク式の訓練者は、どちらかといえば成績が悪く、これは結局「速さと理解の正確さは逆相関になる」ということを示しているといっていい。

出典はこちらの論文。

確かに、7年以上トレーニングをした結果、
5000文字/分くらいで読めるようになって、
理解度テストもちょっと悪いくらいって人も1人います。
 
そういうできた人の特殊な例をもって
「ほら、科学的に検証できたでしょ?」っていうのは、やっぱり詐欺
だと思うんです。
 
私たちも、こういう↓「科学的とは何か」という見方は知っておいた方がいいでしょうね。
科学的な捉え方
出典:http://d.hatena.ne.jp/usausa1975/20140624/
 
実際、○○大学の△△教授と共同で研究を…
などと歌っている教室もあるのですが、
その教室の正しさを証明する論文は、
今のところ出てきていません。
 
むしろ、現段階で「速読は詐欺」が学術界の定説です。

では、フォーカス・リーディングは科学的か?

ここが一番イタいところなのですが、
実はフォーカス・リーディングの研究も、
まったくもって科学的とは言えません。

被験者が意欲的な大学生である。
対照群を設定していない(Action Researchという手法を採用)。
利益相反の問題はストレートに残る。
再現性がない(寺田以外の指導者がいない)。
さらに究極的なことを言えば、

なぜフォーカス・リーディングを修得できるのか、科学的に説明できない。

 
これがもっとも私の頭を悩ませる部分でして、
速読を修得できるリクツを90%までは説明できるのですが、
残り10%のピースが埋まりません!
 
なので、この20年、ずーっと、こううそぶいております。

寺田

速読は科学ではなく、技術です。
科学的に説明できないけど、技術的には確実に修得させられます。

うーん。悩ましい…。
 
ただ、フォーカス・リーディングというのは

理解も記憶も良好に保ったまま、読書スピードをアップ!

とか、全然うたっておりませんので、
その点はご理解を…。

  • 速読可能なのは、自分のスキーマ(脳のデータベース)次第。
  • 速読したら記憶も理解も損なわれるから、最低3回読もう。さらにノートも取ろう。
  • 速く読むことよりも、読書の目的とか、アルゴリズム上の位置づけに応じて、ふさわしい理解・スピードのバランスで読もう。

これがフォーカス・リーディングの基本スタンスです。
 
とはいえ、もう少し精進して、
速読」の部分も科学的に説明できるよう
学術的な研究を進め、
これが速読だ
と豪語できるようにしたいと思います。
 
 
それまでは、生暖かく見守っていただければ幸いです。

まっとうな速読技術を学んでみませんか?

こちらの記事には、九州大学大学院の
修士課程でおこなった研究の成果が簡単に
まとめられています。

子どもの速読教室が抱える問題も
ぜひ知っておいてください。

 
そういわけで、まだ「科学的」とは言いがたいのですが、
まっとうな速読のノウハウを学んでみたい
とお考えでしたら、無料のメール講座(動画講座)に
登録してみてください。
(解除はいつでも可能です。)

YouTubeでの「速読は詐欺」罵倒事件

登録解除

関連するエントリー

  1. 質問!<「速読って本当にできるんですか?」

  2. 献血ポスターセクハラ騒動から学ぶリテラシーの高め方

  3. 勉強をしなくなった高校生が遭遇する未来は何色か?

  4. 「能力の幻想」を打ち払うために、積極的に自分を試そう!

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

Optionally add an image (JPEG only)