献血ポスターセクハラ騒動から学ぶリテラシーの高め方

「萌え絵」というのが人気を博す一方で、その行き過ぎた女性性の表現で炎上案件が後を絶ちません。
 
ちょいと前だと三重県志摩市の海女さんイラスト。

こちらは岐阜県美濃加茂市の案件。

そして今回の案件。

 
まぁ、「表現が過剰」というのは単なる主観的な意見だよねと言ってしまえばそうなのですが、この露骨な表現は誰得なの?と首をかしげたくなる案件ばかりです。(苦笑)

「そもそも、これは人気漫画のキャラでしかない」という主張は一見、正当であるかに見えますが、「わざわざ、セクシーキャラを採用した」という点、漫画のシナリオから切り取られてポスターという枠に収められた時点で、これは単なるセクシー系萌え系アニメキャラに見えてしまう案件だと考えております。

今回の炎上案件を眺めておりますと、本当に様々な論点が出てきています。しかも、それがネットというカオスな世界の中で、整理されないどころか、揚げ足取り的なツッコミを経て無駄に論点を増殖させ、さらに偏った視点から「まとめ」られることで、ますますカオスの度合いとともにバトラー同士の溝を深めながら拡散していっている状態です。
 
こういうカオスな中にある主張を、自分なりに咀嚼して理解するために、どのような思考の手続きを踏んだらいいか、可能な限りニュートラルな立場からナビゲートしてみたいと思います。

今回の騒動もそうですが、それをただ傍観者的に「ふーん、いろいろあるねー」なんて眺めているだけではもったいない。
炎上案件を他山の石として、思考回路を点検し、リテラシーを高めるきっかけにしようではありませんか。
 
というわけで、炎上案件から学ぶリテラシー講座開幕ーっ!

ここでは炎上に直接関わっている発信者個人の思想とか意図とか、そういった具体的要素や、ここ数年のヲタvsフェミ界隈のバトルといった文脈も完全に無視して、完全に「リテラシー教材」として扱います。悪しからず。

炎上案件から学ぶリテラシー講座【前提編】

今回のポスターを使ったPRという「発信」を考えなければならないわけですが、事実だけを見たら、

それなりに人気の漫画の主人公的なポジションにある女の子が採用されており、そのキャラでもって「献血にいこうぜ」と誘わせている。

というだけのもの。ポスターそのものだけを見ると、そこには差別やヘイトなどの要素はどこにも見当たりません。

その思考回路に潜む心理は?

次に、作った人の意図というか、製作の時に発動された思考回路を想像してみましょう。
 
昔から言われていることですが、プロデューサーが男性だと何かにつけセクシーな女性を起用したがる傾向があります。誰しも自分の中にある感覚が基準になってしまうわけで、ある程度はしゃーないところです。
 
ですが、コミュニケーションの原則から言えば、「セクシーな女性がアイキャッチとして有効なのは、対象が成人男性の時だけ」ですし、「過度にセクシーさをアピールして有効なのは、セクシャルなものを求めている男性が対象の時だけ」。
コミュニケーションは「受け手」あってもの。その受け手の感情に共感することからしか、効果的なコミュニケーションは生まれません。これはアリストテレスが『弁論術』の中で語る「パトス」と呼ばれる要素です。
 
過去の志摩市案件と濃加茂市案件は、広くアピールするのにセクシー系萌えキャラを安易に使った案件、つまり「受け手は世間の一般ピープルなのにおっさん的思考回路でコミュニケーションを図った」案件と考えられ、炎上しちゃうのもしゃーないよねーと言えなくもありません。自分の好みが世界に通用すると思ったのかよ、と。
 
では、今回の案件はどうなんだろう?と、ちゃんと考えたいところです。
 
あなたはどう考えます?
 
実は、今回の案件は「受け手は萌え系アニメキャラを愛する若手男性諸君」と、ターゲットを絞り込んだ上で、意図的に作られたものとも考えられるわけですよ。「あいつらなら、萌えキャラのキャンペーンで簡単に動くだろ」と。これはある意味で、男性に対する差別的思考回路と言えなくもない…のか?
 
なので、同じ炎上案件ではありますが、潜む思考回路というか発動した思考回路は別物だったと考えていいのかも知れません。

言外の情報が伝えているものは?

では、何が問題だったんだろう?と思考を進めることにします。次に考えたいのは「批判した人たちに、何がどういう風に伝わったんだろう?」という部分。
 
私たちのコミュニケーションは、それがオープンなものであれば、当然「想定するターゲット以外の人」にも、様々な情報を伝えてしまいます。リテラシーとして私たちが理解しておくべきは「使う言葉、図、写真などの情報は、伝えたいメッセージ以上のものを伝えてしまう」ということ。
 
まず一般論として、今回のような性的メッセージ性の強いイラストに限らず、言葉であっても基本的にそう。
言葉というものは、その社会で生きる人々の、あるいは各個人それぞれの〝情動的経験のシンボル〟(J.W.ヤング『アイデアのつくり方』)なのです。その言葉を経験で作られた辞書で参照した時、どのような感情や具体的な経験が出てくるのか、それが重要です。比喩表現/メタファーなんてものは、まさにそういった言葉の持つ作用を上手に利用しているわけです。

福岡で「天神の夜を楽しむ」というのと「中洲の夜を楽しむ」というのとで、まったくイメージが異なる…という例はローカルすぎるでしょうか?

 
さらに言うと、「セクシー系萌えキャラ炎上案件」というのは、すべてが鎖のごとくつながっており、「この案件」だけで見ることはできず、再びヤングの言葉を借りると〝一つの事実は他の事実と関連性と類似性を持ち、一つの事実というよりはむしろ事実の全シリーズに適用される総合的原理からの一つの引例〟としてとらえられてしまうわけです。
 
そして、今回のような(あるいは一連の)炎上案件というのは、「伝えたいメッセージ」をかき消すほどに、言外のメッセージを全方位に発信してしまっているわけです(もちろん、意図的に炎上させた人達のお陰で増幅されてしまったために、騒ぎが大きくなったわけですが)。
 
何を伝えたかというと、上述のとおり「プロデューサーの思考回路」ですね、端的に言えば。
さらに、そういった思考回路が通用してしまう企業文化だったり、日本社会の空気だったり。
 
「女性性を商品として男性を釣る」という思考回路がどこまで意識されていたかはともかくとして、それを是とする企業文化や日本社会の空気(その思考回路が無意識であれば、なおさらのこと) ── といったものを、制作者や当該企業の意図を超えて伝えてしまっている、と。
 
コミュニケーションってのは、発信者の意図を離れて受け手の頭の中でどういう表象を結ぶのか。それがすべてですから。そして、それを受け止める方は、それぞれの文脈で、〝全シリーズに適用される総合的原理からの一つの引例〟として受け取ってしまうわけですよ。
 
ってことを考えた時、今回の問題に限ったことではありませんが、一番の問題は、その発信が「他者(コミュニケーションの外側にいる人)」までをも俯瞰した上で、その人たちにどういうメッセージを伝えることになるのかを想定していなかったことでしょうね。(^_^;
 
このあたりの「コミュニケーションにおける周囲の第三者および社会・未来への影響まで俯瞰することの重要性」は、過去の記事でも書いておりますので、後ほどご一読いただければ幸いです。(その視野を学ぶためのお薦め書2冊もご紹介しております。)

しかも、この事例が過去の事例と結びつき〝シリーズ〟として日本社会の空気を作っていくことになりますから、「これは我慢ならん!」と怒る人達が出て来ますし、それはさらに「日本社会は性的イメージを商品化し消費している」という空気の存在すら伝えてしまうと批判されるわけです。
 
今回の騒動で、「日本社会は・・・」みたいな話が出てくるのは、そういうことですね。もちろん、受け手の「好みの問題」ですし、個人的にどのような〝シリーズ〟を見ているかという問題ではありますが、そこまである程度俯瞰しておくってのもオープンなコミュニケーションの背負う責任だと、ここではリテラシー的に理解しておきましょう。

このあたりの議論は、表現の自由の問題とか環境型セクハラと呼ばれる問題などと絡めて出てきますが、それについてはここで議論するつもりはありません。悪しからず。あくまで「どう見たらいい?」というリテラシー的観点を伝えたいに過ぎません。

出版の世界で言いますと、棚・コーナーである程度セグメントされ、ターゲットが絞られますので、それが萌え系だろうがエロだろうが、あまり批判されることはありません。ある意味で、オープンな場でありながらもオープンになっていないわけです。タイトルに仕込まれた言葉で、ちゃんと想定読者が手に取るように作られているんですね。
これが新書となると、全方位に開かれた棚に同じ装丁で並びます。当然、いろいろな人の手に取られることになり、想定していない読者が読んでしまい、「このクソ本が!」といった低評価のバッシングを受けることになります。ベストセラーなんかもそうですね。想定していない読者が手に取ったために酷評されてしまうってことが起こります。

炎上案件から学ぶリテラシー講座【本編】

ここからは、なにかについて考えるとか、思索を深めるための手法をさっくりとご紹介してみます。

1.具体的な主張の中に含まれるロジックを確認する

例えば、こちらの主張。冒頭に挙げたTwitter投稿を意訳したものです。

「この日赤献血PRポスターをオープンな場に掲示することは環境型セクハラであり、即刻掲示を中止すべき」

この一文の主張は

献血PRポスターの展示を、即刻中止すべし。

です。
手順として、まず突っ込みを入れるべきは「根拠」。その根拠を作るのが「事実(具体的な証拠)」であり、その事実がなぜ根拠となるのかという「論理付け(納得のいく説明)」が添えられます。(下図参照)

 
まずは事実となる部分。これ自体が1つの主張なので、これをさらに分析しなければなりません。(三段論法で考えた方が分かりやすいかも?と感じたのは、すべてを書き終わった後なので、このまま三角ロジックで押し通します。)

この献血PRポスターを掲示することは、環境型セクハラである。

この一文には2つの要素が含まれています。

  • (1)この献血PRポスターが性的に不快感をもたらすものである
  • (2)そのポスターを掲示することは環境型セクハラである
(2)そのポスターを掲示することは環境型セクハラである

分かりやすい話なので、こちらから。
そもそも環境型セクハラとは、一般的には、ヌードポスターが貼ってあったり、性的に不快感をもたらす言動が日常に溢れたりしていることを指します。
ということで、すでにこの時点で、この主張は破綻しているということになります。
 
ただ、「いやいや、〝環境型〟という言葉を弾みで付けてしまったけど、要するにセクハラだ!」と開き直られるかも知れません。そこで、次に(1)の検討に入ります。

(1)この献血PRポスターが性的に不快感をもたらすものである

不快感というのは主観であり、相手を攻撃するために言いがかりを付けることも可能です。
なので、これをさらに2つの要素に分解して示す必要があります。

a)このポスターがもたらす不快感のために社会生活に実害が出ている。

職場のセクハラなどは、相手に対する処分が発生しますので、ここをきちんと示す必要があります。しかし、今回のような「街のポスター」であれば、実際にはそのようなことは起こりませんので、言う方も気軽に難癖をつけますし、議論がどうしても感覚的(主観の応酬)になりがちです。実際、最初に声を上げた日本人女性の発信は単なる言いがかりであり、「あー、フェミ界隈の炎上狙い発信だな」と切り捨ててもよさそうにも見えてしまいます。
 
ですが、様々な賛同の声が上がっているわけです。ですから、直接的に被害がでるセクハラ案件でないとして、では、“本当は、何が問題だと怒っているのだろう?”、“どういう怒りであれば是とされるのだろう?” ── といったように、「その人達の怒りが筋違いなのか、単に表現が筋違いなのか?」という思考でもって捉え直す必要がありそうです。
  
その場合、「前提編」で述べたように、直接的に伝えたこと以外の、周囲に、あるいは言外に伝えてしまっていることまで考慮する必要があります。実際、今回のポスターに対する批判としては、「セクハラ」というよりは、「セクハラを生む文化」への批判が中心になっています。

批判者側の主張:公的な場で性的魅力をアピールすることで注目を集めようとする文化、しかもそれが男性の妄想で過度にセクシュアリティを表現した、女性の身体の一部を商品化したかのような表現を是とする文化が蔓延する恐れがある。

 
そうなると、次なる問いが生まれて来ます。

そもそも、これは過度にセクシュアリティを表現した、不快感を催すコンテンツか?

という問題です。
 
不快かどうか、過度にセクシュアリティを表現しているかどうかは完全に主観です。なので、本来、説明責任というか挙証責任は主張する側にあります。
ですがせっかくリテラシーの教材として学ぼうっていうわけですから、こういう人たちの思考回路を理解するために、あるいは自分自身の問題として、こういった主観の世界を分析的に理解するために、どのような方法があるのかを学んでおきましょう。
 
こういう場合にお勧めの手法はこれ。

置き換えて考えてみる!

  • 他の案件ではどうだったのか?
  • 他のセクシー系アピールの案件ではどうなのか?
  • 他国ではどうなのか?
  • 男性のセックスアピールを使うとどうなるか?

 
こういった置き換えをいろいろ試すことで、主張している人の頭の中にある無意識の思考回路が見えてきます。

置き換えて考えてみようトレーニング

置き換え練習①:他のセクシー系萌えキャラ案件

冒頭に示した2案件が炎上した条件と、今回の案件を比較すると、いろいろ見えてきそうです。
以下、【今回の案件】⇔【2案件】

  • 目的:献血で萌えキャラファンを誘い込む⇔広く認知してもらう
  • 設置場所:オープンな場所⇔オープンな場所
  • キャラ:人気アニメ⇔わざわざ創作
  • セクシーさ:胸が大きい⇔胸を強調・表情がエロいなど

いろいろ見えてきそうですと書いたものの、両者のあまりの違いに「うーん。どう考えても、過去の炎上とは違うよねぇ…」となりそうです。共通項は【胸が大きい】ということと、【オープンな場所(パブリックスペース)】に掲示されているということくらいです。過去の炎上案件は「わざわざ、公費を出してまでエロい格好したキャラを創った」というところで批判できそうですがね。
結局のところ、

女性性の一部分だけを切り取って消費し、それをわざわざ誰にでも見えるところに設置している!

という話になってしまいそうです。
ま、あくまでリテラシートレーニングとして体験しておきましょうという話ですので、気にせず次にいきます。

置き換え練習②:男性にしたらどうなるだろう?

これがなかなか男性に置き換えることが困難です。というのは、強調することで異性に対してセックスアピールするというパーツが存在しないからです。せいぜい筋肉美をアピールするとか?

男性の性器を強調して云々とぬかす人たちもいますが、今回の文脈にはまったく当てはまりません。
異性に対して魅力をアピールすることにも、「美しい」とか「かわいい」とか「かっこいい」とか、そういうポジティブな反応を生むことにもなりそうにありません。単なるグロアピールです。
 
ただ、だからこそ「女性だけが性の一部を切り取られて消費される文化がある」ということに気づきたいものですし、そういう文化が無意識に自分の思考回路に潜り込んでいて、そこに無頓着になってしまっているのではないか? ということに想像力を働かせるだけの態度は忘れたくないものです。
 
これについては、非常に示唆に富むというか、鋭い指摘を発見しましたので、ご紹介しておきたいと思います。

こういう「自分事に置き換えて想像する」という練習にもなりそうです。
それだけでなく、すごく重要な指摘があります。

表現や行為単体で生じるものではない

つまり、表現云々(胸が大きいとか…)ではなく、それを見る男性のまなざし、女性の身体の一部をクローズアップし商品化することを是とする空気などが、トータルで「これはセクハラだ」と言えるかどうかを決める要素だというわけです。
 
そう考えると、以下の置き換え練習が分かりやすくなるでしょうか。

置き換え練習③:海外ではどうだろう?

思考を点検するときに重要なポイントは3つあって、

  • 1.歴史的に存在した過去の社会との比較して考える。
  • 2.現在ある他の社会との比較して考える。
  • 3.純粋に理論的に考える。

という3つ。この2番目です。
似た案件がないか探してみると…海外にもあるんですね!

 
これらがどういう反応を受けたかは不明です。つまり「ほら海外でもあるじゃん」は、今回の騒動では何の力も持っていないわけです。
私もそこまで調べるパワーがなく…無念。
 
ただ、アメリカで言えば胸を強調したポスターだとか、衣装だとか当たり前に存在するという社会的な文脈と、「萌えキャラ炎上」みたいな時間軸上の文脈がないという条件を考えると、おそらくアメリカではこれが批判されることはないだろうなーって気はしております。台湾では単純に「日本のアニメかわいー!」くらい言われてそうですが、どうだろう…。(汗)
 
前提で説明したとおり、〝事実の全シリーズに適用される総合的原理からの一つの引例〟という「情報の地模様と図」というところで、日本社会では萌え系アニメキャラに対するフェミ界隈からの圧力は平時から高そうだなってことは考えられるでしょうか。

置き換え練習④:似たような炎上してない作品は?

今回の炎上騒ぎの中でこんな発言がありました。

これは面白い視点ですね。「セクシーさを表現した、この2枚で主張を変えるのはダブルスタンダード」という意見はまっとうでしょうか?
両者の違いは何かを考えると、同じようにセクシー系ポスターでも何が批判され、何が批判されないのかが見えてくるはず。

  • 目的は?
  • 対象は?
  • 設置場所は?
  • 主体(表現者)は?

 
炎上案件のポスターと同じ点、違う点を挙げながら、いろいろな要素を比較して考えるとき、私はエマ・ワトソンのこのエピソードを想い出します。

つまり、女性が女性の身体を主体的に表現した場合、それは何らセクハラ案件ではないという考え方です。男性としては「目のやり場に困る」となるかも知れませんが、そこをクールにスルーするのが女性に対する礼儀でしょうか(そして、それは別に苦痛を強いられる類いのものではありません。単純に「それを見ちゃうと、周囲に“あの人、エロい目で見てるわよ…”と陰口叩かれるのではないかというレベルの気恥ずかしさでしょう)。逆に、そのポスターをニヤニヤしながらエロい顔をして眺めている男性がいたら、その画こそ「セクハラだ!」となりそうです。それこそが先ほどツイートを引用させていただいた向川氏のメッセージではないかと。
 
他に私が「似たような作品」として思い浮かべたのはこちら。


どうでしょうか?
 
明らかに「女性の性(一部じゃないけど)を餌にして、男性の妄想を煽って釣る」ような写真です。
 
でも炎上しません。その理由は…上の方で書いたやつですね。はい。

コンビニで売っているエロ漫画雑誌とかに対するフェミ界隈からの弾圧はありましたので、トータルで考えてみましょう!

まとめ!

今回の炎上騒ぎを、単に傍観者として眺めているだけではもったいないぞ、ということで、「論点の整理の仕方」、「問題の見極め方」的なものを整理してみました。
あくまでリテラシーを高める練習として。
 
ぜひ、こういう視点とか思考回路を持って、今回の炎上案件を復習してみてください。きっと、なんとなく違和感がある…とか、なんとなく賛成…とか、感覚的に流していたものが、輪郭と軸を伴って見えてくるはずです。
 
と同時に、自分の思考回路と、誰かの思考回路が食い違って見えたとき、何が違うのかを考える助けにしてみてください。何か下敷きにしているルールに違いがあるのか、見ている視点(論点)が違うのか、それとも見ている視野が違うのか、自分に見えていない観点(盲点)があるのか…。そういうことを考えられると、自分の思考の矯正とレベルアップが可能です。
 
ということで、だだだーっと長文を書き殴っておりますが、私に足りない要素があれば、ぜひ気楽に批判、ツッコミ、指摘などいただければと思います!

関連するエントリー

  1. 「速読は詐欺/うさんくさい」に対する速読研究者からの返事

  2. 質問!<「速読って本当にできるんですか?」

  3. 「能力の幻想」を打ち払うために、積極的に自分を試そう!

  4. 勉強をしなくなった高校生が遭遇する未来は何色か?

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

Optionally add an image (JPEG only)