「価値ある読み方」って?

「読書とは、本と心身とのアンサンブルなのだ」
 ── 山村 修著『遅読のすすめ』

読書にとって「速さ」はオプションに過ぎません。
 
読書の価値を計る上で、何の影響もないオプション。
 
ただ、読書の本質を見極め、
 
「この読書」に最高の価値を求めようとした時、
 
場合によっては速さがなければ実現できないことがあります。
 
 
「速く読むべし」という言にも、
「遅く読むべし」という言にも、
一定の真実があります。
 
しかし、本当に大事にすべきことは、
 
「その読書の目的にふさわしい読み方をすべし」
 
ということ。
 
速読で情報の新陳代謝を求める人も、
 
時には著者の世界観、言葉のリズムに、
 
自分の魂を共鳴させ、その世界にたゆたう時間をどうぞ。(^^*

関連するエントリー

  1. 「よし速読だ!」の前に、基礎力は大丈夫?

  2. 【7つの習慣】年度初めの多忙シーズンこそ「刃を研ぐ」+「スマ…

  3. 【妄想厳禁!】速読修得は「始まり」に過ぎない

  4. 「社会人」は、なぜ「社会」人か?

  5. 真の教養を身につける、とはどういうことか?

  6. 速読講座で「失敗暗示」をかける人、超高い成果を上げる人

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Optionally add an image (JPEG only)