新渡戸稲造式ボールペン活用術

「本を読むときは必ず青・赤の鉛筆をもて。
 そしてアンダーラインとサイドラインを
 本にできるだけきれいに引け。
 そのラインが何を意味するかは自分できめよ。」

 ── 大内 兵衛著『私の読書法』

齊藤孝氏の3色ボールペンは有名ですね。
 
「本どう読み解くか」をテーマにした読書技術です。
 
こちらの大内氏が紹介するのは、齊藤孝氏の東大の大先輩
(中退らしいんですが。)
新渡戸稲造氏による色鉛筆活用技術。
 
「本どう学ぶか」にフォーカスした読書技術ですね。
 
あなたは、「本を読む」のと「本で学ぶ」のと
区別して色ペン、付箋紙を活用していますか?

関連するエントリー

  1. 自己投資の限界金額は何で決まるか?

  2. 速読技術をさらに加速する本の保持位置とは?

  3. クリエイティブ系天才たちの脳の使い方はどこが違うのか?

  4. 【7つの習慣】年度初めの多忙シーズンこそ「刃を研ぐ」+「スマ…

  5. 本から広がり出る三次元の世界とは…

  6. 読書とどうつきあう?

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Optionally add an image (JPEG only)