ベストセラー書は「誰のため」のものか?

「話題につられてベストセラー書を買うのは、
 消費者のすることであって、表現者のすることではない。」


 ── 午堂 登紀雄著『「読む・考える・書く」技術』

その本を読んで得られるものは、
 
本当に自分の求めているものなのか、
 
自分を高めてくれるものなのか。
 
この問いは、暇つぶしに読書をするのでない限り
 
常に意識の片隅に、いや中央付近に置いておきたいところ!

Leave a Reply

avatar
Photo and Image Files
 
 
 
Audio and Video Files
 
 
 
Other File Types
 
 
 
  Subscribe  
Notify of

関連記事