ベストセラー書は「誰のため」のものか?

「話題につられてベストセラー書を買うのは、
 消費者のすることであって、表現者のすることではない。」


 ── 午堂 登紀雄著『「読む・考える・書く」技術』

その本を読んで得られるものは、
 
本当に自分の求めているものなのか、
 
自分を高めてくれるものなのか。
 
この問いは、暇つぶしに読書をするのでない限り
 
常に意識の片隅に、いや中央付近に置いておきたいところ!

関連するエントリー

  1. 本と人となりと

  2. 「早期退職教員に非はない」と言う人は視野が狭すぎる!

  3. 未来の後悔は、常に「今」の「何となく」から生み出されている

  4. あの速読講座の効果は単なるプラシーボ効果だったのか?!

  5. ぐだぐだで無駄に長い話を、スッキリ伝わる話に変える教科書

  6. スポーツを読書で鍛えるとは?

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Optionally add an image (JPEG only)