あなたはハマってない? 効果的な学び方に関する「神話」の世界

こんにちは。読書と学習のナビゲーター、寺田です。
 
昨日、ちょっと面白い英語の記事を見つけましたので、
そちらをご紹介してみたいと思います。
 
タイトルは

「あなたもきっと、学習神話を信じてるゾ。クイズでそれをあばいちゃいましょう!」

というテイスト。(寺田のてきとー訳による)

 
冒頭から、こんなことが書かれています。

Now throw it away, because highlighters don’t really help people learn.
■寺田のてきとー訳
さぁもう、投げ捨てちゃいましょう!だって蛍光マーカーなんて勉強の役に立ってないんだから。

なんでも、3000人の典型的アメリカ人を調査して、
学習に関する、よくある神話(の思い込み)を
調べたんだとか。
 
その調査を元に、どういう思い込みがあって、
真実はどうなのかということをクイズ形式で
紹介しています。
 
もちろん、正答の解説では、科学的なエビデンスを
紹介してくれているので、どういう根拠で、どういうやり方が
いいのかも学ぶことが可能です。(^^)
 
 
詳しくは当該記事を読んでいただくとして、
ポイントをざっと紹介してみましょう。

1.学習に際しては知識などと同じくらいメタ認知力が重要

メタ認知っていうと分かりづらいかも知れません。
「自分が何を分かっていて、何を分かっていないのか」
そんなところですね。
 
結局、学習効果が上がらない人って「自分が何を、どう
分かっていないのかが分かっていない」という大問題を
抱えているものです。
 
こちらの記事でも、これに近い話をしています。参考にどうぞ。

2.テキストを何度も読むよりも、読みながら整理していく方が効果的

受動的に受け止める作業を繰り返しても力になりません。
負荷が小さくていいので、能動的に情報に関わる意識を
持った方が断然効果的なのです。

3.テストの前は、テキストやまとめを読み直すより、適当な問題に当たった方が効果的

このブログでもたびたび語ってきた話ですが、
何度読んだところで、それは「入力」のステップに過ぎず、
本当に出力のレベルを上げたければ、とにかく出力の
機会を増やさなければなりません。

4.「その子にあった勉強のスタイル・タイプ」なんてものは無視していい

これは意外に思う人も多いかも知れませんね。
Visual / Auditory / Kinesthetic なんて言い方は
結構当たり前に語られてきましたから。
 
ただ、「だから、誰にでも同じパターンで指導していいよ」って
ことではなくって、コスト(手間)と効果を考えつつ、
その子にとって効果の上がる方法を選択しようねって
話のようです。

詳しく知りたい方は原典を当たってくださいませ。

5.復習する時は、間(ま)をおいた方がいい

これについては、ことのばのブログで書いてます。
よかったら、こちらをどうぞ。

 
ということで、高速学習講座でこれまで語ってきたではあるのですが、
知らないと無駄な骨折り…になりかねませんからね。
 
中高生の定期考査、入試の学習にせよ、
社会人の資格試験の学習にせよ、
「効果の上がる方法」を学んだ上で、
余裕のある学習をしていきたいものです!

資格試験や専門領域の学習に取り組んでいる人は
必ず学んでおきましょう!

関連するエントリー

  1. 速読で新しいジャンルを学び、使える記憶を手に入れるには?

  2. なぜ小難しい本を読まないとダメなの?

  3. 「眼を高速に動かす」では速読できない理由

  4. まだまだサバイバルする「紙の本」のこと

  5. あなたの「読んだ」がアテにならない、その理由

  6. 速読トレーニング期間中の読書への取り組み方

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

Optionally add an image (JPEG only)