講座の受講料は誰/何に払う代金なのか?

昨日は僕が主催する速読講座に興味を持って、
いろいろ質問してくれてありがとうございました。
 
最初に同じテーブルに着いてから、
ずーっと速読のことを根掘り葉掘り聞いてくれましたよね。
 
若いのに自己投資意欲にあふれて、素晴らしいなーなんて思いながら
質問に答えていたんですよ。(^^)
 
たまたま同じパーティーに参加していた、
僕の速読講座の元受講生の話は、
本当にリアルで感銘を受けましたよね?
 
だって、学生時代にまったく本なんか読まず、
社会人になってから、つまみ食い的な拾い読みを
年に2~3冊だった彼が、
1年間で200冊どころじゃない本を読むようになった武勇伝ですから!
 
最初は彼だって、フォレスト出版の
とっても読みやすいビジネス書とか自己啓発書を
ざっと読んで20分。丁寧に読み重ねて30分。
最後にもう1回、頭の整理をしながら10分。
 
合計60分で3回読む読書。
あくまでフォレスト出版レベルですけど。
 
それが今や新書(学術の入門ってところかな?)を
15分でざっと読んで、30分で丁寧に読み重ねて、
最後に10分。
 
時間的にあまり変わってないように見えるかな?
でも、読んでいる本の情報、言葉の密度は
雲泥の差があるんですよね。
 
だから、最初に速読講座を受けて3年経過して、
彼がブログに書いている言葉は、
まったく別人レベルにレベルアップしてるんです。
 
そりゃそうだ。
 
インプットが質量ともに劇的レベルアップを
果たしているわけですから。
 
 
それで、なんですよ。
 
彼の話を聞いて、
「よし、私、受けます!」って言ってくれたとき、
すごく嬉しかったんですよ、実際。
 
若い人が「自分を変える」ことに、
前向きに投資しようって言ってくれたんですから。
 
。o(正直なところ、君が受講しなくても、
あの講座は遅かれ早かれ満席になるわけなので、
売り上げが上がってラッキー!とかは思わないんだ…)
 
 
おかしかったのは、その後。
申し込みページにアクセスした君が、
受講料を見て「一桁違った、無理です!」って
言ったこと。(苦笑)
 
 
まぁ正直でよろしい…か。
 
 
でもさ、さっき元受講生の男性の話を、
君はどういう気持ちで聞いていたんでしょう?
 
今まで本を読めなかった人が、
年間200冊どころじゃない本を十分に吸収しながら
読み重ねて行けて、
 
それで、思考力も、発信力も、
語る言葉も変わったんですよ。
 
読んだ本の代金だけを考えても、
少なく見積もって100万。
 
その「種銭」が16.8万だとすると、
それは高い投資なのかな?
安い投資なのかな?
 
そこで問われるのは君の投資マインドなんです。
 
 
もし、かつてのNTT株のように
(30代以下の君は知らないだろうね…)
100万出して買ったら、確実に300万に
跳ね上がると分かっていたら、
借金してでも買いますよね?
 
実際、あの当時、親戚中からお金をかき集めて
株を買い、実際に大儲けした友人がいたんですよ。
 
君だったらどうしたでしょう?
 
 
それに、なんですよ。
 
そもそも、君は本の読み方が分からない、
ブログに読書のレビューを書いているけど、
全然反応が得られないって相談してましたよね?
 
仕事だって、これからの時代、
読書を通じて専門性を上げるとか、
最先端のノウハウを吸収していかずに
納得のいく仕事ができるものでしょうか?
 
速読技術を身につけるっていうのは、
単に「読書時間を短縮する」ってことじゃないんですよ。
 
説明したことですが!
 
日本の学校教育でおろそかになっている
「本の読み方」を基本から学ぶってことだし、
理解を深め、記憶に残るような読み方を
学ぶってことなんです。
 
そして、君が必要に感じたら、
君の内なるニーズに従って、
何度でも読み返せるようなテクニックでもあるわけで。
 
今まで、1冊の本を、時間をおいて
何度も読み返した経験ってあったでしょうか?
 
それが自由自在にこなせるようになる。
それが僕の伝えたい技術なんです。
 
 
ちょっと想像して欲しいんです。
 
それで3年後、君の知性は、君の思考回路は、
君の生き方は、どう変わっているでしょう?
 
その「完全にシフトした働き方・生き方」を
手に入れられたとしたら…、
そこにどれだけの価値を感じるでしょう?
 
 
「自己投資」って、つまりそこなんですよね。
 
今の自分の「お金と時間」を削って、
未来の自分を豊かにするわけなんです。
 
今、持っているお金と時間を、
今の楽しみのために使えば、
それはそれだけの価値で終わる。
 
でも、自分に投資して、
自分が価値を生み出せるようになれば、
それはNTTみたいな値上がり必至の
優良企業に投資をするのと同じ効果があるんです。
 
しかも、株式の運用は「相手任せ」だけど、
自己投資は「自分の意志力次第」で、
どこまででもプラスを増やしていける。
 
豊かな未来をつかみたいなら、
今の楽しみを削ってでも、
自分に投資したいと思いませんか?
 
君には君にしか実現しえない価値があるんです。
 
でも、その価値がまだ、僕には伝わってこない。
きっとね、もっともっと自己投資をして、自分の価値を
開発していかないといけないと思うんです。
 
新しい知識を手に入れようってんじゃなくって、
君が持っているDNA,君が持っている経験値を、
もっと世の中の人に伝え、役立ててもらえるように、
整えていく作業なんです。
 
それが「開発=de(打ち破る)+velop(包み)」って言葉。
(逆は「en(~化する)+velop(包み)」=封筒だね)
 
ちなみに「教育」って言葉も「ex(外に)」「ducare(引き出す)」が
語源なんです。(educationだね。)
 
 
そのdevelopなりeducateなりの効果を
最大限に引き出すような学び方を、
僕は君に伝授したいと思うんです。
 
どうでしょう?
 
それで成長した君は16.8万円に値しないでしょうか?
 
君はこれから3年間に何冊くらいの本を読もうと
思っているのでしょうか?
 
100万円の本を吸収し尽くして、
1000万の価値を引き出したいとは
思わないものでしょうか?
 
それが今までの本の読み方で
実現出来るでしょうか?
 
 
もう分かったと思うんですが、
君が払う16.8万は、
僕に投資してるんじゃないんですよ。
 
君がもっと大きな未来を手に入れるっていう
覚悟を決める代金だし、
それによって手に入れる、
すごく豊かな未来に対する投資なんです。
 
だからさ、今、この金額にびびって
尻込みしてしまうなら、
いつか本当に自分を変えたい、
そのために読書の価値を上げなければいけないって
心から思えたときに、また相談したらいいと思います。
 
そのときは、払った金額の何倍もの価値を持つ
自分に出会うんだって覚悟を決めて、
同時に、手に入れたい未来をリアルに描いてから
申し込んでくださいね。
 
 
じゃ、いつか、君が、
豊かな未来をつかむイメージに
ワクワクしながら申し込んでくれる日を
楽しみにしていますね!

関連するエントリー

  1. 仕事に必要なのは「記憶力」か「速読力」か?

  2. 積ん読は解消すべきものか?

  3. 百聞は一見にしく?しかず?

  4. あなたの学びを変える上で、速読に飛びつく前にすべきこと

  5. 速読をマスターする上で成果の鍵を握る、超重要な要素とは?

  6. まだ、家族サービスに疲弊してる?⇒必要なのはドラッカー的イノ…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

Optionally add an image (JPEG only)