読書で手に入るものは何か?

「読書は単に頭脳中の知識をふやすだけでなく、
知識を適切に引き出す回路を整え、知識をつき合わせて
何かを創造する力をつけてくれる。」

── 前園 主計著『読む技術』

情報がネットで手軽に入手できるようになった時代。
私たちの読書は、それにふさわしく進化しているでしょうか?
 
広く俯瞰する視野
ものごとの核心を読む力
書かれていることを正しく理解する力
書かれていない行間、地模様、裏側を読み解く力
云々
 
情報を適切に仕入れることは大前提として、
それ以上に、読書基礎力そのものを育むような読書。
 
では、今の本の読み方をどう変えていったら、
価値ある読書力が手に入るでしょうか?

関連するエントリー

  1. 「わたしらしさ」が「価値」に変わるために必要なこと

  2. 【速読?】本は速く読むべきか? ゆっくりと読むべきか?【遅読…

  3. 実際に速読をマスターして本を読むときの気遣い・注意点

  4. お金を払って学ぶってのはこういうことなんだってば!

  5. 読書で学ぶベースには…

  6. 知的レベルを上げたい人は何冊読めばいい?

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Optionally add an image (JPEG only)