自己成長のために何を読むべきか?

「読書の秘訣は適当の場合に
 適当の書物を読むことである。」
── 徳富蘇峰著『読書法』

講演やセミナーでよく聞かれることがあります。
 
それは…

名無しさん
何かお勧めの本はありますか?

それに対する私からの答えは…

寺田
そんなこと、分かりません!

え?
そっけない?
 
いや…だって、あなたがこれまでに、
どんな本を読んできたのか、
そして、今、人生やビジネスにどんな課題を
抱えているのか…
まったく知らないわけですから。
 
売れ筋の、無難な本を薦められて、
あなたが嬉しいなら別ですが。
 
ソムリエだって、
食べる料理も、あなたの好みも分からなければ、
適当においしいと評判の無難なワインを
勧めるしかありませんよね?
 
 
それでも、「何か勝ちのある本を!」と願うあなたに、
1つ、とっておきの情報をお教えしましょう。
 
それは…

価値ある本はない。
あなたの問題意識とフォーカス、
そしてそれにふさわしい読み方が、
その本を価値あるものにする。

という事実。
 
では、よき読書を!

関連するエントリー

  1. 僕らは巨人とどう戦えばいいのだろう?

  2. 「学び」を「力」に変えるために、絶対に必要なプロセスとは?

  3. 速読における入力レベルコントロールのトレーニング

  4. 【目標達成へ!】今年残り2ヶ月を価値あるものにするために、今…

  5. あなたは、あの本の中に、どんな星を見つけましたか?

  6. 座右の書からの学び

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Optionally add an image (JPEG only)