その読書はあなたの中に何を残したのか?

“All books are divisible
into two classes,
the books of the hour,
and the books of all time.”
by John Ruskin

あなたが、これまでの人生で読んだ本のうち、
何冊が「その場限りの本」で、
何冊が「生涯の本」でしょうか。
 
その「分かれ目」は、本の中身の問題ではなく、
あなたが本と向かい合う姿勢にあります。
 
もし、あなたの読書が、
読んだ満足感と、新しいことを知ったような気分と、
自分の知っていること、やったことが書いてあった!
という高揚感と・・・
そんなものに惑わされているようであれば、
それはきっと、「その場限りの本(the book of the hour)」。
 
逆に「自分が変わる」ことに主眼を置き、
日々の行動を変え、習慣を変え、
人生を変えるきっかけとなる、
そんな読書にできたとしたら、
それはきっと、「生涯の本(the books of all time)」。
 
さて、あなたの最近の読書は、
どんな読書でしたか?

関連するエントリー

  1. 「身勝手の極意」が速読の極意である理由

  2. 効果的な読書ノートって、どんなノート?

  3. わずか2分で読書のリターンを最大化する秘密とは?

  4. 自ら学ぶ力が高い人は、いったい何が違うのか?

  5. 学びの成果の責任を、講師がどこまで負うべきか?

  6. 「よし速読だ!」の前に、基礎力は大丈夫?

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Optionally add an image (JPEG only)