その読書はあなたの中に何を残したのか?

“All books are divisible
into two classes,
the books of the hour,
and the books of all time.”
by John Ruskin

あなたが、これまでの人生で読んだ本のうち、
何冊が「その場限りの本」で、
何冊が「生涯の本」でしょうか。
 
その「分かれ目」は、本の中身の問題ではなく、
あなたが本と向かい合う姿勢にあります。
 
もし、あなたの読書が、
読んだ満足感と、新しいことを知ったような気分と、
自分の知っていること、やったことが書いてあった!
という高揚感と・・・
そんなものに惑わされているようであれば、
それはきっと、「その場限りの本(the book of the hour)」。
 
逆に「自分が変わる」ことに主眼を置き、
日々の行動を変え、習慣を変え、
人生を変えるきっかけとなる、
そんな読書にできたとしたら、
それはきっと、「生涯の本(the books of all time)」。
 
さて、あなたの最近の読書は、
どんな読書でしたか?

関連するエントリー

  1. 【速読の活用】読書の中で、いかにして「速さ」を使いこなすか

  2. 【お薦め書籍】子どもへの躾は子どものため?自分のため?問題【…

  3. 【目標設定】2017年、間違いなく目標を達成するための4つの…

  4. 読書とどうつきあう?

  5. ビアガーデンを越えて行こう!

  6. 寺田流、パフォーマンスを上げるための「とっておきの1枚」

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Optionally add an image (JPEG only)