どんな読書・学びなら、あなたは本当に変われるのか?

「脳は、いわばつねに学習し続けているのであり、
 その中で、「鯉」が「竜」になるような変化が訪れることが
 実際にあるのです。」
── 茂木健一郎著『「脳」整理法』

 
じわじわと学び続けた結果が、
鯉が鯉のまま、泳ぎが上手になるような、
そんなレベルの学びで満足していてはもったいない!
 
あなたは、ビジネス書を大量に読んだ結果、
鯉が竜になるレベルの変化を手に入れられたでしょうか?
 
もし、それがそうでないとしたら?
 
学んでいる気分でいて、その実、脳にとっては休むに似たりの
単純作業になっていたのかも知れません。
 
鯉が竜になるために、どんな取り組みをしたのか?
 
── そうです。「竜の滝登り」なのです。
 
軽やかにできることではなく、
滝を登るような負荷。
 
あるいは常に自分の脳に、
新鮮な刺激を与えてくれるような
明晰なアンテナを立てた行動。
 
そんな学びを、そんな問いを、
自分に与え続けたいものです。

関連するエントリー

  1. 真の教養を身につける、とはどういうことか?

  2. 電子書籍と紙の書籍、読む時に気を遣うことって違うの?

  3. 学びの価値を劇的に上げるために、まず学ぶべき重要な技術とは?…

  4. 僕らはなぜ、ちゃんと読んですら、ちゃんと理解できないのか?

  5. 電子書籍時代、あなたの脳みそ、活字離れしてない?

  6. 速読の「落とし穴」、どうしたら回避できる?【#3/3】

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Optionally add an image (JPEG only)