ニュートンは、リンゴに何を見いだしたのか?

「「粗さ」の中にひそんでいる
 「精しさ」への予兆にこそ、
 私たちはむしろ惹きつけられる。」
── 茂木健一郎著『欲望する脳』

リンゴが落ちるシーンの中に
万有引力を見出したニュートンしかり。
 
予感から論証への道筋というのは、
ある部分確信に満ちたものがあり、
それでいてある部分、ギャンブルに近いものでもあります。
 
しかし、その「粗さ」しか見えない現実を大切にして、
「精しさ(くわしさ)」を見出す好奇心と論証の努力を
忘れないようにしたいものです。

関連するエントリー

  1. 速読で「脳の処理スピード」が上がるのか?

  2. 「身勝手の極意」が速読の極意である理由

  3. 誰もがはまる?! 速読の「落とし穴」?【#1/3】

  4. 論点をすっきり整理して、伝わる発信力を手に入れる図解の技術

  5. あなたの読書は「よいこの読書」になっていないか?

  6. 【一流は何が違う?】「モウイイヤ」思考のレベルを上げよう!

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Optionally add an image (JPEG only)