あなたの成果を決める!口癖の魔法(もしくは呪縛)

何か新しいことをしようとしているのに…
 
気がついたら、やっぱり無意識に昔ながらの体に馴染んでいるやり方、ただし効率的でも効果的でもないやり方に、ついつい戻ってしまうということが起こります。
 
これを「心のブレーキ」なんて呼ぶことがあります。
 
これも十分に越えがたい壁となって、私たちの前に立ちはだかるのですが、もう1つ、私たちが無意識に成果から遠のくようにしてしまうことがあるんです。
  
それは「心の習慣」のこと。
 
突き抜けた高い成果にたどり着ける人と、自分で壁を作って「できないようにやる」人とでは、見ている場所、口にする言葉が違うんです。
 
見ている場所。
 
例えばですね、講座中に
 
「となりの人と、この数時間に手に入れた成果をシェアしあってください」
 
と言ったとします。
 
そうすると、高い成果にたどり着ける人は、自分の中に生まれつつある変化微細な手応えこれから広がりそうな可能性(予感)を語るんです。
 
でも、逆方向に走る人は、喜々として「いやー、全然できませんね!」なんてあっけらかんと語るんです。
 
最終的にできないで終わることに対して、最初から予防線を張ろうとしている?
 
 
高い成果にたどり着ける人は、目指す目標と、現在の距離を謙虚に測りながらも、自分の中に生まれる小さな変化にワクワクしながら過ごします。
 
逆方向に走る人は、小さな変化をスルーして、目標との距離の大きさに不安を募らせます。
 
そして「できないできない」と口にします
 
 
これが「心の習慣」なんですよ。
口癖となって現れた文化。
 
その心の習慣、すなわちその人の文化が、その人のマインド、思考回路を作ります。
その思考回路が、その人の行動を作ります。
 
だから、すごい心の習慣を持っている人は、すごい成果を上げるし(しかも何をやっても)、残念な心の習慣を身につけてしまっている人は、たいてい何をやっても残念な結果を手に入れます。
 
そして、それが習慣になってしまっているから、最初から予防線を張るんですね。きっと。
 
 
では、これを変えるにはどうしたらいいか?
 
振る舞いから、すごい人のやり方をまねましょう。
 
見る場所を変えましょう。
できそうにない不安ではなく、自分の内側に生まれてくる変化にワクワクするんです。
 
目標と現状との距離をクールに測りつつ、「今、ここ」にフォーカスして、淡々と集中するんです。
 
 
そんな行動を繰り返すんです。
 
口癖も変えたいものですね!
 
そういえば、マザーテレサもこんな言葉を語っていらっしゃいました。

思考に気をつけなさい、それはいつか言葉になるから。
言葉に気をつけなさい、それはいつか行動になるから。
行動に気をつけなさい、それはいつか習慣になるから。
習慣に気をつけなさい、それはいつか性格になるから。
性格に気をつけなさい、それはいつか運命になるから。

 
3日間集中講座では、実は受講者さんのこういうマインドの部分をどう変えるかというのがすごく重要なんです。
 
私は、受講者のみなさんの目の動きと、「口にする言葉」をチェックしているんですよ。(^^)
 
そこをいい方向に切り替えられた人は大丈夫。
 
切り替えられなかった人は…。(汗)
 
ということで、あなたもぜひ、自分の無意識の口癖をチェックして、少しずつ変えていきましょう!

関連するエントリー

  1. 速読修得の前に…読書の投資対効果を高めるために必要なこと

  2. 残念なツブヤキをまき散らさないための5つの防御策

  3. 同じ(に見える)結果が得られるとすると、どっちのルートがお得…

  4. 速読でスピードUpのために考えるべきこと×2

  5. 誰もがはまる?! 速読の「落とし穴」?【#1/3】

  6. 【もうメディアに欺されない!】嘘を見抜く「眼」を養う入門書×…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Optionally add an image (JPEG only)