私たちはどのように現実を創造しているのか?

「命題は現実に対する模型であり、
 そのようにしてわれわれは現実を創造する。」
── ウィトゲンシュタイン著『論理哲学論考』

楽譜にしたがって奏でられた音楽を聴くことと、
楽譜を理解すること、演奏することとは、
似ているようでいて違う作業です。
 
書き手は、言葉によって、現実をどれだけ写し取り、
読み手は、その像をどれだけ自分の内側に
立体的な像として投影することができるか。
 
書き手による編集と、読み手による編集と、
その共同作業が「現実」を創っているのかも知れませんね。

関連するエントリー

  1. 幅の広い知識、博識は「賢さ」とイコールか?

  2. 【読書技術/読書戦略】フィードバックを受けられる環境で読もう…

  3. 速読講座で「失敗暗示」をかける人、超高い成果を上げる人

  4. ラッスンゴレライ騒動から考える情報の「地」と「図」

  5. 学びの価値を劇的に上げるために、まず学ぶべき重要な技術とは?…

  6. 名著『君たちはどう生きるか』を、どう読み解くか?

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Optionally add an image (JPEG only)