私たちはどのように現実を創造しているのか?

「命題は現実に対する模型であり、
 そのようにしてわれわれは現実を創造する。」
── ウィトゲンシュタイン著『論理哲学論考』

楽譜にしたがって奏でられた音楽を聴くことと、
楽譜を理解すること、演奏することとは、
似ているようでいて違う作業です。
 
書き手は、言葉によって、現実をどれだけ写し取り、
読み手は、その像をどれだけ自分の内側に
立体的な像として投影することができるか。
 
書き手による編集と、読み手による編集と、
その共同作業が「現実」を創っているのかも知れませんね。

関連するエントリー

  1. 古典を読むべき、たった1つの理由

  2. 「時間がなくて○○できない!」は幻想に過ぎない? スキマ時間…

  3. 論点をすっきり整理して、伝わる発信力を手に入れる図解の技術

  4. 軸のない読書は避けるべき…!

  5. 「社会人」は、なぜ「社会」人か?

  6. なぜ、あなたの読書ノートは成果が上がらないのか?

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Optionally add an image (JPEG only)