本を速く読む価値って、どこにあるんだろう?

「本当に面白い本はそう速くは読めない。」
━━ 小林信彦著『〈超〉読書法』

もし、あなたが「速く読むこと」に価値や魅力を
感じているとしたら、それはあなたの読書が、
「知ること」に向かっている証左といっていいでしょう。
  
私たちは、学校教育の影響なのか、
読んだことは憶えている方がよく、
知らないよりは知っている方がよく、
それもたくさん知っている方がいいと
ついつい思い込んでいる節があります。
 
本当に面白い本は、心が動く分、
ゆっくりにしか読めないものです。
 
そして、別に憶えておこうなんて思わなくても、
心で体験したことは、なかなか忘れないものです。
 
そして、そのワクワクとドキドキの体験を通じて、
私たちの魂がわずかばかりでも刷新されていますから、
それが表面的な記憶から消えたとしても、
その影響は私たちの中に残り続けます。
 
 
翻って、「たくさん」「速く」で読んだ本は・・・?
 
つまり、「頭で読んだ本」はどうだろう・・・と。
 
そう考えた時、「速く読む」価値はどこにあるのか。
 
「たくさん読む」価値はどこにあるのか。
 
私たちは、もっと読書との関わり、
読書の向こう側に広がる未来を見通して、
本と付き合っていく必要があるのかも知れませんね。(^^)

関連するエントリー

  1. 著者との共同作業としての読書

  2. 未来のあなたは、「○」の積み重ねで出来ているんです!

  3. だから読書が無駄になる!── 目指すゴールで変えるメモのコツ…

  4. 君は、速読講座の「高い修得率」の真実を見たか?

  5. ちょっと骨が折れるけど、すごく力が付く読書力Upワーク

  6. たくさん読んでどうなりたいの?

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Optionally add an image (JPEG only)