情報が受け手によってとらえ方が変わる訳

「もともと情報には、情報の「地」と、
 情報の「図」というものがある。」


 ── 松岡正剛著『知の編集工学』

同じひとことでも、
 
発する人が、地模様として何を見ているか、
 
どんな思いを持っているかで
 
メッセージのニュアンスは変わります。
 
同じく受信者の方でも。
 
ニュートラルに受けとる。地模様を見抜く。
 
これも情報リテラシーでしょうか。

関連するエントリー

  1. とっちらかった思考を整理し、「伝わる」コミュニケーション力を…

  2. 「時間がなくて○○できない!」は幻想に過ぎない? スキマ時間…

  3. 【速読】「本をたくさん読んでも賢くなれない」とか、どういうこ…

  4. ビジネス文章技術を学ぶなら、この3冊は絶対に手元に置いておこ…

  5. 数学・算数の文章問題のような抽象的な思考力はどう育てればいい…

  6. 速読をマスターする上で成果の鍵を握る、超重要な要素とは?

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Optionally add an image (JPEG only)