情報が受け手によってとらえ方が変わる訳

「もともと情報には、情報の「地」と、
 情報の「図」というものがある。」


 ── 松岡正剛著『知の編集工学』

同じひとことでも、
 
発する人が、地模様として何を見ているか、
 
どんな思いを持っているかで
 
メッセージのニュアンスは変わります。
 
同じく受信者の方でも。
 
ニュートラルに受けとる。地模様を見抜く。
 
これも情報リテラシーでしょうか。

関連するエントリー

  1. 【7つの習慣】年度初めの多忙シーズンこそ「刃を研ぐ」+「スマ…

  2. あなたは本当に自由?─「自由」について哲学するための一冊

  3. 「卒論/修論が書けない…汗」で悩むあなたのためのヒント

  4. その読書はあなたの中に何を残したのか?

  5. ブルーバックスや学術書なんかも速読できちゃうの?

  6. あなたの「読んだ」がアテにならない、その理由

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Optionally add an image (JPEG only)