モノをコトに変える魔法の調味料としての○○

「情報というのは調味料みたいなもので、
 素材にパラパラとふりかけると
 とたんに値が上がる。」
── 梅棹忠夫著『情報の文明学』

最近「モノ」の消費から「コト」の消費に
シフトしているという話がニュースで
取り上げられています。
 
コト消費。
つまりは、体験だったりイベントだったり、
あるいは何か付加価値の大きな商品だったり。
 
例えば、ダイソンの扇風機を買う人は、
きっと「扇風機」という「モノ」を買っているわけではありません。
 
見ていて愉快な、ちょっとかわいらしい小粋なアイテム?
 
部屋をクール(涼しい、ではなくカッチョイイ)な
雰囲気に変えてくれるアイテム?
 
モノに情報が乗っかっているという言い方もできますし、
情報がものの形をとっているとも言えるでしょうか。
 
ヒトコトでいうならば「コンセプト」です。
 
 
そして、それを支えているのは「言葉」なのです。
 
商品あるいは自分が持つ本当の価値を、
適切に、魅力的に相手に伝えられるような
豊かな言葉、レトリックそしてロジックを
手に入れておきたいものです。
 
 
ちなみにこの『情報の文明学』。
情報の価値のとらえ方やものの見方を
学ぶための、秀逸なる名著。
 
ぜひご一読を!

関連するエントリー

  1. 本から広がり出る三次元の世界とは…

  2. 君は、未来の作り方を知らないのかい?

  3. 本を速く読む価値って、どこにあるんだろう?

  4. 【大人の活字離れ?】あなたの脳ミソ、活字を拒否してない?

  5. 成長のために「鏡」を用意しよう!

  6. 速読講座のBefore⇒Afterの闇

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Optionally add an image (JPEG only)