モノをコトに変える魔法の調味料としての○○

「情報というのは調味料みたいなもので、
 素材にパラパラとふりかけると
 とたんに値が上がる。」
── 梅棹忠夫著『情報の文明学』

最近「モノ」の消費から「コト」の消費に
シフトしているという話がニュースで
取り上げられています。
 
コト消費。
つまりは、体験だったりイベントだったり、
あるいは何か付加価値の大きな商品だったり。
 
例えば、ダイソンの扇風機を買う人は、
きっと「扇風機」という「モノ」を買っているわけではありません。
 
見ていて愉快な、ちょっとかわいらしい小粋なアイテム?
 
部屋をクール(涼しい、ではなくカッチョイイ)な
雰囲気に変えてくれるアイテム?
 
モノに情報が乗っかっているという言い方もできますし、
情報がものの形をとっているとも言えるでしょうか。
 
ヒトコトでいうならば「コンセプト」です。
 
 
そして、それを支えているのは「言葉」なのです。
 
商品あるいは自分が持つ本当の価値を、
適切に、魅力的に相手に伝えられるような
豊かな言葉、レトリックそしてロジックを
手に入れておきたいものです。
 
 
ちなみにこの『情報の文明学』。
情報の価値のとらえ方やものの見方を
学ぶための、秀逸なる名著。
 
ぜひご一読を!

関連するエントリー

  1. 実際問題、「誰でもできる速読」のスピードってどのくらいなの?…

  2. まだ、家族サービスに疲弊してる?⇒必要なのはドラッカー的イノ…

  3. 地味に読み継がれる名著『ケアの本質』は、プロを目指す人、必読…

  4. ベースができているジャンルの学習の進め方

  5. あなたの読み方は間違ってる!

  6. 「眼を高速に動かす」では速読できない理由

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Optionally add an image (JPEG only)