読書「力」を付けるために、まず心がけるべきこと

速読&読解関連コラム

こんにちは。読書と学習のナビゲーター、寺田です。
 
現在、社会人のみなさんの読書指導と、
小中学生の子たちの読書指導をおこなっています。
 
やっていることのレベルとか、読んでいる本のレベルは
もちろん、全然違います。
 
しかし、「読書が苦手」という場合、大人も子どもも、
それほど大差ないんですね。本質的には。
 
ま、考えてみたら、小中学生時代に「読書、苦手!」という状態で、
その改善を避けて通ってきた結果が「読書が苦手な大人」でしょうから、
そりゃそうだって話ではありますが。
 
 
上に「本質的に大差がない」と書きましたが、
具体的に言いますと・・・

読み方が「てきとー」過ぎる

フィーリングというか、感覚で読める程度に読むんですね。
難しいところは、さりげなくスルー。
 
読みやすい本なら、それで読めてしまう(読んだ気になれる)のですが、
難しい本・文章になると、とたんにお手上げ…
 
読書量が多くなっても、自分の力が高められないような本、
気楽にさっさと読めるような本ばかりを読んでいれば、
力は着きません。
 
力が着かないどころか、子どもの読書と学力の傾向を見ると、
「読めば読むほど学力が(やや)低下傾向」になっています。
 

じゃ、どうしたらいいの?

フィーリングで読まない、てきとーに読んで分かったことにしない。
それが基本です。
 
ということは・・・

丁寧に、分析的に読もう。

子ども達であれば、まずは「主語・述語」の関係や
「係りと受け」の関係などを分析的にとらえさせる練習を
させることをお勧めします。
 
そういう文法的というか言語スキル的なものが
一通り終わったら、国語の読解問題を解く時に、
線を引きながら読むようにさせましょう。
 
私は「接続詞と指示語」に線を引かせるように
していますが、かなり効果が上がりますよ!

 
大人も、齋藤孝先生が著書『三色ボールペン活用術』で語っていらっしゃるように、
ペンで内容のつながりを結びつけながら読むといいですね。(^^)
三色ボールペン活用術

知らない言葉は調べよう。

大人はスマホの辞書(Google先生?)、
子どもは紙の辞書。
 
とにかく知らない言葉が出て来たら調べるクセを付けましょう。
知らないことを分からないまま流したり、文脈の中で適当に
分かったつもりで流したりしないことです。
 
「分からないことと、分かっていることを分ける」ことは、
理解を深める第一歩です。

丁寧に出力してみよう。

理解したつもりでも、それを明確な言葉として出力しないと、
本当に理解できているのかは分かりません。
「分かったつもり」と「本当に分かっている」の間には、無限の隔たりが
あるものなんです。
 
だから、子ども達であれば、大人が問いかけてやることを
お勧めしています。
 
「本、おもしろかった?」
「どんなストーリーなの?」
 
そんなレベルで構いませんので。
 
社会人であれば、本の内容をノートに書き出すことを
お勧めします。

もちろん、ノートの書き方も一度、それなりの本を
教科書として練習した方がいいでしょうね。

 
てっとり早く、「誰かと本について語り合う」環境を
手に入れるのもお勧めですよ。

語ろうとすると、自分の思考が一気に整理されますし、
逆に整理されないってことは理解が曖昧だったってことです。
 
さらに人との対話を通じて、より理解が深まるかも知れませんし、
自分の理解できていなかった点が明確になることもあるでしょうね。

結論:要するに「てきとー」に読んで終わらせない!

子ども達の学習指導をしていて、つくづく思うのは、

自分で文章(問題文)を分析して分かろうとする前に、
先生の解説を聞いたり、答えを見たりして、
「あー、なるほど」と分かった気分になっている子が多すぎる!

ということ。
 
学習を効率化して、手っ取り早く点数をとらせようっていう、
大人の浅はかな商業主義、テスト点数至上主義が生んだ矛盾でしょうか。
 
大人も子どもも、分からないことがあれば、
ちゃんと調べよう、分析しよう、考えよう!
ってことですね。(^^)

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

Optionally add an image (JPEG only)

関連記事一覧