学びたい大人の大問題!⇒どう時間をつくる?─ 家族の時間 vs 自己投資の時間

ここ数年、共働きも当たり前になってきたような印象がありますよね。
あと、「働き方改革」の影響なのか、はたまた「副業を推進」の流れなのか、正社員/派遣社員+オンラインビジネス…みたいなダブルワーク的な働き方をしている方も増えて来ている印象です。
 
そして、意欲的に働く人ほど「学びたい!」と思うワケです。

学びたい社会人さん

自己投資って大事ですよね!
本も読みたいし、○○も学びたいし、何よりアウトプットですよね!

 
ですが、そこで大きな壁にぶつかります。
特に女性がぶつかりがちな壁です。

学びたいママさん

家事と仕事で忙しくて、自己投資の時間が取りにくいんですよ…。自分の時間を取ろうとすると、家族を犠牲にしている感じがして、後ろめたさを感じますし…。かといって、朝晩は疲れて眠くなってしまい、集中できません…

 
このあたりの悩みは、逆に男性ももっと感じていいはずなのですが、圧倒的にママなんですよ。パパよ、もっと悩もう!そして、ママもパパも、もっと工夫しましょう!
 
というわけで、家族と過ごす時間も大事にしたいけど、自分自身の未来のために自己投資の時間も確保したいという、あなたのために、社会人の学習指導と目標達成支援とを長年続けて来た私(経営者+教室運営+大学院博士課程研究中+PTA副会長+主夫兼務)から、いくつかシンプルかつ実用的なアイディアをご提供したいと思います!

「時間」というリソースの考え方

私たちは通常、何か成し遂げるために4つのリソースを活用します。

  • 自分のスキル(知識・スキル・態度)+利用可能なシステム
  • 時間
  • お金
  • 人脈

そして、「自己投資」という場合、この4つを総動員して、一番上(図中の上半分)の「自分のスキル+システム」をレベルアップしていくわけです。
 

その時間は「誰のため?」「何のため?」

自己投資というのは、今、持っている4つのリソースを有効に活用して、図の上の部分である「自分のスキル+システム」を増強し、未来を豊かにしようという営みです。
ここで、「未来を豊かにする」という時に、「誰のため・何のため」という2つの要素を明確にしておかないと、後で怖いことが起こりがちです。
 
それは、未来にばかり目が行きすぎて、今の生活を破壊してしまうという残念な事態です。

  • 子どもを放置して、子どもとの関係が悪くなる。
  • パートナー(奥さん、旦那さん)を放置してキレられる。
  • 今の仕事がおろそかになって、職場でのポジションが悪くなる。

 
未来を見ないふりで、今を享楽的に過ごせば、未来が枯渇します。
でも、「未来のため」とうそぶいて、今の問題に目をつぶれば、豊かにしたかった未来が砂漠化しかねません。
 
常に、自己投資で得られる「自分のベネフィット」と、「自分の周囲(家族・仲間・社会)へのベネフィット」を視野にいれつつ、どんな未来を手に入れるための投資なのかをリアルにイメージして、今と未来とのバランスを計っていきましょう。
 
ま、そういうわけなので

寺田

自己投資にお金と時間を使うのに、罪悪感とか後ろめたさは不要ですよ!

 
どちらも、「家族のため」になるものですからね!
 
とはいえ…

学びたいママさん

実際問題、毎日、家事や仕事や子育てに追われてしまって、自分の時間なんて取れないんですよ!
現実問題として、子どものための時間、家族の時間で手を抜くとか犠牲にしないといけません…

そうおっしゃる方がほとんどでしょう。
でも、何度も言いますが「犠牲にする」という発想は不要ですし、「手を抜く」のではなく、「手間を省く」と考えて、今も未来も豊かになるような過ごし方を考えたいものです。
 
そう考えられれば、時間の流れはコントロール可能ですし、時間を増やすことも可能です。

寺田

そこで、3つの観点から「時間がない!」問題の打開策をご提案したいと思います!

「時間がない!」を解消する3つの考え方

(1)時間の密度を上げて「スキマ時間」で勝負!

「時間の密度を上げる」には、2つの方向性があります。集中力を高めて濃密な時間を作るという方向と、処理速度を上げて効率を上げるという方向です。

1.集中力を高める

たとえば、わずか10分であっても、高い集中力を発揮して、その時間にできることをこなすようにすれば、かなりのことができるはずです。
そして、集中力を高めるために手軽にできることとしては…

  • 1.集中力の上がる座り方、姿勢を作る。呼吸を変える。ヨガや瞑想など、マインドフルネスを高める手法を身につけておく。集中力を阻害する要因(最大の敵は「スマホ」)を遠ざけるのも1つの手!
  • 2.事前に(その日の朝か、前日の夜に)「今日やること」を明確にしておいて、「もし15分あったら○○をしよう」というように決めておく。
    これは「if-thenプランニング」という手法ですが、ついついだらだらと流れてしまう時間を的確につかまえて、集中モードで利用できるようになります。
  • 3.集中力の上がる場所(有料の自習室やお気に入りのカフェなど)を作り、そこを定期的に利用する。

朝活をしている人も多いと思いますが、朝活でやるべき最大のテーマは「その日の流れと予定を確認し、スキマ時間、自分のための時間の使い方をあらかじめ考えておくこと」です。そういう時間を、朝の30分でやっておくことで、その分の時間を補って余りある時間の高密度化が果たせます。

2.スピードを上げる

例えば、普通の人は15分でどれくらい読めるかというと、せいぜい10ページから30ページ程度です。(もちろん、本の種類や目的次第!)
ですが、速読技術をマスターしていれば、15分あれば、ざっと全体を通読できてしまいます。丁寧に読み直すにしても、15分のスキマ時間を3回使えば1冊読み終えることが可能です。(あくまで、自分にとって読みやすいと感じる200-250ページ程度の書籍に限定しますが…)
 
音声教材や動画教材であれば、アプリの倍速再生して視聴することで15分というスキマ時間に30分ちかい映像を視聴可能です。
ただし、いきなり2倍速は難しいでしょうから、現実的には1.75倍速あたりでしょうか。おそらく、それほどのストレスはないはずです。
 
その他にも、最新のパソコンを買うとか…。プリンターも印刷スピードが速いものにするとか…。

(2)何かの作業と学習とをバンドリングして「ながら時間」で勝負!

これはすでに実践している方も多いことでしょう。
歩きながら英語のリスニング教材を聞くとか、洗濯物を干しながら映像教材を視聴するとか・・・
 
今おこなっている作業に何かバンドリングできないか考えてみるというのが第一ですが、それ以外に、今やっているバンドリングできなさそうな行動(例えば、健康のための自転車通勤)を変えて、何かバンドリング可能な別の行動(例えば、電車に乗る、バスに乗るなど)にするのです。
「いや、電車より自転車の方が時間がかかって無駄だよ…」と思うかもしれないのですが、「何もできない30分の通勤」が「英語や自己啓発教材のリスニングが可能な45分」になった方がトータルでお得だと考えるわけです。
 
子育て期間中の方であれば、子どもと一緒に読書タイムを創り、親は自分の勉強の本を読み、子どもにも自分の好きな本を読ませる、というパターンが考えられます。親が学んでいる姿、学ぶことの喜びを感じている姿を見せることは、子育てにも必ずいい影響がありますよ!

(3)時間を買う・もらう・交換する、で「ゲット時間」で勝負!

共働き夫婦に、断然お勧めしたいのがコレ。

  • お金を出して家政婦さんを雇う。
  • お金を出して半既製品の料理の材料を買う。
  • 時には外食で済ませる。
  • 洗濯機は乾燥まで自動でやってくれるものを買う。
  • 食洗機やロボット掃除機を導入する。

以上は、「時間を買う」という発想です。
もらう・交換するというのは、夫婦間でいえば、次のようなもの。

  • 自分にとってストレスなくできる(嫌いじゃない+時間のロスが大きくない)ことを積極的にやって、パートナーにも同じようにやってもらう。
  • パートナーに「今が勝負の時」であることを理解してもらい、家族との時間を少しだけ一人で負担してもらう(その間、責任をもって集中できる環境に行って勉強する)。
  • 自己投資をお金に換えたら(有料の勉強会をやる、クラウドで仕事をするetc)、その一部をパートナーに「お世話になってるお礼だよ」といって渡し、自己投資の価値を感じてもらい、積極的な協力を依頼する。

 
パートナーとお互いにとって効率的にできる家事を分担しつつ、お互いの時間を交換する。パートナーからの協力で、時間を提供してもらう。──というわけです。

学びたいママさん

そうはいってもねぇ…。それもなかなか難しいかな…

 
なるほど・・・それも分かります。
ただ、それって「今の生活」を前提としていませんか? これを機に、いろいろなことを見直してみましょう。
 
例えば、あなたのスマホのスクリーンタイム。1日あたり何分ですか?
 
もし、「時間がなくって…」といっているのに、スクリーンタイムが2時間を越えていたりするなら、それを自己投資の時間に置き換えることで、毎日2時間を捻出することが可能です。
 
こういう埋蔵時間を見つけ出すのもいいですね!
 
あとは、すごく当たり前の話に聞こえるかも知れないのですが、新しいことをやるために、古いことをやめることは、とても重要です。
今、やるべきことにフォーカスする。フォーカスするってのは、他のことを捨てるということ。
 
スマホ時間も重要なコミュニケーションや癒やしの時間かも知れません。しかし、自己投資の時間と比較して考えてみてください。
 
あなたの「今」の豊かさ・幸福への貢献度はどれだけでしょう?
あなたの「未来」の豊かさ・幸福への貢献度はどれだけでしょう?
 
同じように、あなたの日常の中の「当たり前」を点検するのです。
すべてを、この2つの観点(自分と家族の「今」への貢献度・「未来」への貢献度)から貢献度を点数化してみましょう!

  • 誰かとの食事会・飲み会
  • 楽しみのテレビ番組
  • 習い事
  • Webサーフィン
  • 晩酌
  • 職場での仲間とのランチ

 
ちなみに、私は現在、仕事としての小中学生向け読書教室、速読講座、さらに大学院での研究に加えて、中学校PTA副会長+公民館での委員をしています。朝食・夕食の準備、子どもの身支度・歯磨き、風呂、寝かしつけ、給食袋などのアイロンがけも私の仕事。
 
これらをこなすために、スタッフを雇うだけでなく、友達とのランチや飲み会、晩酌などをすべてやめました。
本当は食器洗浄機と全自動洗濯乾燥機があれば、さらに楽になるのですが、マンションの形状から設置できません。残念!
 
ま、こういう具合にして時間を掘りおこしたり、もらったり、交換したりしながら、ぜひご自身の状況にマッチした「自分の投資時間も、家族との時間もあきらめない!」方法を模索してください!

時間投資について語った2本の映像も参考にどうぞ!

0 0 vote
Article Rating

関連記事

Subscribe
Notify of
guest
0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments
0
Would love your thoughts, please comment.x
()
x