君が人生に「奇跡」を起こすために欠かせないこと

あなたは「奇跡の人」という映画を
ご存じだろうか?
 
盲聾唖の三重のハンディキャップを
背負いながら、素晴らしい成長を遂げ、
やがて大学も卒業。
 
教育者として、
著述家として、
講演家として
大活躍した人物。
 
きっと知らない人がいない、
そんな有名人。
 
そう。
ヘレン・ケラーの映画だ。
 
 
ちょっと想像してみて欲しい。
 
教育を受ける前の段階から
目が見えず、耳が聞こえなければ、
私たちはどうやって学べばいいのだろう?
 
学ばなければ、私たちはどうやって
人間として成長できるのだろう?
 
その成長のプロセスに、
想像を絶するような
大きな障害があったことは
想像に難くない。
 
 
さらに想像して欲しい。
 
ただ、身体に触れるものだけが
自分の世界のすべて。
 
言葉とか概念とか思考とか、
そういった人間らしさを作る要素が
一欠片もない存在。
 
 
そういえば昔、
世界のはじめに「」があったという。
 
その光とは「言(葉)」であったらしい。
 
言葉という「」が世界を照らしたとき、
初めて世の中に意味が生まれてきた。
 
人間が外の世界を認識し、
客体化することができたのは、
言葉あってのこと。
 
だから、「光」と「言葉」、そして「理性」は、
同じ「logos」という言葉で語られたんだ。
 
 
ヘレン・ケラーは、
その「光」がまったくない中で
生きていたわけだ。
 
でも、「人並み以上に」成長し、
立派に社会で活躍できるようになった。
 
これを奇跡と言わずして何と呼ぶだろう?
 
 
でも、と僕は考える。
 
ヘレン・ケラーは本当に
「奇跡の人」なのか?
 
いや、確かに奇跡と言えば奇跡。
 
でもそれは、きっとね、
あなたというかけがえのない存在が、
あなたらしくイキイキと生きている、
それと同じレベルでの素晴らしさなんだ。
 
誰しも、親から譲り受けたDNAと、
育った環境、受けた教育で、
かけがえのない価値を持つ、
ユニークな存在なんだ。
 
ヘレンは、
ヘレンが持って生まれた素質と
彼女にしかできなかった経験を
結実し、開花できた。
それが純粋に素晴らしい。
 
 
だとしたら?と僕はまた考える。
 
 
──「奇跡の人」というのは
 
── そう。
 
サリバン先生だよね?
 
 
手に触れさせたものに
名前があることを教えるのに、
どれだけの時間がかかっただろう?
 
「言うことを聞かない」以前に
「言うことが届かない」相手に、
何かを教えるんだ。
 
知性の受け皿、
思考の受け皿、
興味というアンテナ、
すべてを持たない相手に。
 
それでも、サリバン先生は、忍耐強く、
ヘレンとのコミュニケーションを試みた。
 
 
頼りはヘレンの可能性への確信
 
 
そして長い長い時間をかけて、
本当に本当に途方もない労力と愛を
注いで、ヘレンを開花させたんだ。
 
彼女が最初、ちゃんと
動物の調教と同じレベルにすら見える、
厳しいしつけから、本気でやったからこそ
うまくいった。
 
そういう点では「正しい手順、方法」も
すごく大事な要素なんだ。

 
だから!
 
 
『奇跡の人』という映画の原題は
“The Miracle Worker”なんだ。
奇跡の人(DVD)
 
 
ヘレン・ケラーが奇跡を起こしたんじゃない。
 
ヘレン・ケラーは生まれたこと自体が、
その存在自体が奇跡だったんだ。
 
あなたの存在が奇跡であるように。
 
あなたという存在が、
唯一無二の存在であるように。
 
ただ、その本当の価値を確信して、
愛情を持って、強烈な忍耐と意志を持って、
引き出す努力ができたのが、
サリバン先生だったんだ。
 
 
だとしたら?
 
すべての親と教育者が、
目の前にいる子の
「奇跡的な価値」を確信し、
愛と忍耐を持って関われば、
その子の価値は必ず引き出せる。
 
だから教育は ex-ducere という
「外に引き出す」という言葉で表現されるんだ。
 
あなたが持って生まれた価値、
育つ過程で手に入れた価値。
 
それを、あなたが生きる世の中で
「価値」として受け止められるように、
十分に引き出し、育むこと。
 
 
決して教育とは「受ける」ものではないし、
誰かに「授ける」ものでもないんだ。
 
そんな受動的なおこないではない。
 
その人の持つ価値を確信し、
引き出し、成長を促すような、
能動的な営みなんだ。
 
 
では、あなたはどうだろう?
 
自分の可能性を確信して、
自分への、自分の未来への愛を持って、
忍耐強く、自分の価値を引き出すだけの
努力をしてきただろうか?
 
「あー、むり!」なんて、
簡単に諦めの言葉を
口にしていないだろうか?
 
間違った独りよがりのやり方で、
あなたの貴重な時間を無駄にし、
手に入れられたはずの成果を
みすみす流してしまわなかっただろうか?
 
 
サリバン先生は、
どんな状況でもあきらめなかった。
 
愛と意志を貫いたんだ。
 
あなたが、あなたの価値を引き出すのに、
サリバン先生より大きな障害があっただろうか?

 
だとしたら、
諦める理由、途中で放りだす理由は
どこにもない。微塵もね。
 
 
あなたは、ヘレンと同じ奇跡の存在であり、
サリバン先生と同じ奇跡の人になれるはずなんだ。
 
奇跡を起こすために必要なことは、
シンプルだ。
 
まずは、他ならぬあなた自身が、
あなたの真の価値を確信しよう。
 
そして、奇跡的な自分の存在、価値を確信し、
忍耐強く、それを引き出す正しい努力しよう。
 
実に簡単じゃないか?
 
 
さぁ、やろう。
 
時間はかかるかも知れない。
 
だも、よく言うだろう?
 
── 大器は晩成すって!

もし、あなたが「教える立場」なら、こちらも…

教える立場にある人は、
受け手に対して
「成果を他人事にしない」ような仕組みを
用意すべき、そう思います。

追伸

この記事は、九州大学・人間環境学府、
教授ストラテジー論研究室(私が所属するゼミ)の
久米先生という方の授業を受けて考えたことを
整理したものです。
とても意義深い授業でした。
久米宏先生には感謝しかありません。
九州大学・教授ストラテジー論・久米研究室

関連するエントリー

  1. 西南学院大学での速読法+読書力養成講座スタートしました!

  2. わずか2分で読書のリターンを最大化する秘密とは?

  3. 「価値ある読み方」って?

  4. 【目標設定】2017年、間違いなく目標を達成するための4つの…

  5. 明日の自分に熱いバトンを渡す「すごい一人会議」

  6. あなたはハマってない? 効果的な学び方に関する「神話」の世界…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

Optionally add an image (JPEG only)