地味に読み継がれる名著『ケアの本質』は、プロを目指す人、必読!

随分前に、博多非凡塾・読書倶楽部の
課題図書として採り上げた『ケアの本質』

 
20年にわたり地味に読み続けられている名著です。
 
ネットでもご紹介したのですが、
読んだ人から、2年賀経過した今でも、
「今でも大事に読み返しています」という
お礼が届きます。
 
 
日本語訳が悪いため、読むのを放棄する人も多そうですが、
じっくりと読み進めると、本当にすばらしい内容と出会えます。
 
 
看護学生にとって必読の書とも言われていますし、
実は、私が講師を務めていた
ビジネス書著者プロデュースの講座でも
やはり必読の書としてお勧めしていました。
 
 
ここでいう「ケア」とは、単に面倒を見たり、
手当てをしたりすることではありません。
 
前書きにはこう語られています。

「一人の人格をケアするとは、最も深い意味で、
 人が成長すること、自己実現することをたすけることである。」

 
本書で語られるケアの概念は、
『7つの習慣』で語られるWIN-WINの相互関係をも包み込み、
 
さらに、ちまたにあふれる
「子育てノウハウ」や「カウンセリングノウハウ」に
奥深いところで、哲学的な支柱を与えてくれます。
 
 
さらに「ビジネス書著者プロデュースの講座の」と語った部分。
 
ここは、まさに「私がここにおり、この仕事をしている意味」
深く模索する上で、非常に示唆に富む内容です。
 
あなたが、何かの分野で「プロ」を目指しているなら、
この本の後半に語られている内容を何度も読み直し、
自分自身に問い続けていくことをお勧めします。
 
 
前半部分では、

  • お客さまと真摯に関わるとはどういう態度なのか。
  • 子育てにおいて、親はどのように子どもを扱うべきか。
  • 部下やクライアントの成長を支援するためには、どのようなスタンスが求められるか。

そんな、まさに「ケア」について深く学ぶことができます。
 
 
タイトルだけを見ると、何か看護やカウンセリングの現場の
学問のように見えてしまいます。
 
その実、サブタイトルにある「生きることの本当の意味」が
見えて来る、すごく深く、広い内容を扱う本なんですね。
 
 
もし、まだ読んでいらっしゃらないようなら、
ぜひ、手にとって読んでみてください。
 
時間をかけてじっくりと。
 
何度も読み重ねるたびに、深みが増してくる、
「良書を読む」ことの喜びを味わえること、間違いありません!
 
『ケアの本質』

博多非凡塾・読書倶楽部について

名著や古典といった、一人ではなかなか読めない、読んでも表面的な読み方で終わってしまう…
そんな本を課題図書にして、毎月1度、地味~に開催しています。
 
定例会は毎月第4火曜日に開催中。興味のある方はぜひお気軽にどうぞ。

関連するエントリー

  1. 世界の知性は、あなたを高める存在か、食い物にする存在か?

  2. 文章をうまくなりたいなら、スモールステップで学ぼう!

  3. 速読の罠──なぜ簡単に落とし穴にはまるのか?【#2/3】

  4. 「速読で語彙って増えますか?」問題

  5. 電子書籍時代、あなたの脳みそ、活字離れしてない?

  6. お金なんてかけなくても、自己投資はいくらでもできる!

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Optionally add an image (JPEG only)