速読を活用して社会福祉士の勉強をしてみると…

今日はお客さんからの依頼で、5時間ほど、
マンツーマンで高速学習指導をさせていただきました。

社会福祉士とは?

その方が受験するのは社会福祉士という資格。

病気や障害、生活状況などさまざまな理由によって、日常の生活を送ることが困難になった人の相談を受け、安定した生活ができるようにサポートする仕事です。
── Career Gardenより

科目は18あり、社会福祉関連の国家資格としては最難関だそうです。
テキストのタイトルはこんな感じです。(汗)

  • 人体の構造と機能及び疾病
  • 心理学理論と心理的支援
  • 社会理論と社会システム
  • 現代社会と福祉
  • 地域福祉の理論と方法
  • 福祉行財政と福祉計画
  • 社会保障
  • 障害者に対する支援と障害者自立支援制度
  • 低所得者に対する支援と生活保護制度
  • 保健医療サービス
  • 権利擁護と成年後見制度
  • 社会調査の基礎
  • 相談援助の基盤と専門職
  • 相談援助の理論と方法
  • 福祉サービスの組織と経営
  • 高齢者に対する支援と介護保険制度
  • 児童や家庭に対する支援と児童・家庭福祉制度
  • 就労支援サービス、更生保護制度

ただ、科目も多く、当然テキストも多いのですが、
択一式の出題であり、内容もそれほど難解ではないため、
合格率は27%前後で推移しており、「それほど難関の試験ではない」という印象です。
 
ちなみに、合格のための得点率は60%程度。
ただし、18科目のうち、どれか1つでも無得点があった場合、
不合格となります。
 
 
今回、指導を受けにいらっしゃった方は、
すでに速読技術をマスターしていらっしゃって、
読書には十分に活用していらっしゃいます。
 
また、社会福祉士という資格についてはまったく勉強したことがなく、
これから始めるに当たって、速読の効果的な活用法を知りたいということでした。

1.合格までの学習プロセス

この資格に限りませんが、

  • ベースとなる知識がない
  • テキストが膨大

という場合は、次のような「Uプロセス」で学習することを
お勧めしています。

 
これについて、ざっくりと解説しましょう。

1-1.SEEING:概観

まず、すべてのテキストを一通り学習しておきます。
フォーカスは「概要の把握」であり、「ざっと流す読み方」になります。

【ポイント】
必要以上に分かろうとせず、たんたんと流す。
「?」となった部分には付箋を貼ってスルー。

今日の方は、未知の世界のテキストということで、
かなりゆっくり丁寧に読んでいらっしゃって、
だいたい1ページ10-12秒くらいに落ち着きました。
 
このペースなら、だいたい300ページの本が1時間あれば処理完了です。
毎日1時間やれば、18日で全テキストをクリアできる計算です。

1-2.SENSING:理解の精緻化(Eraboration)

1-1と同じく、テキストを使用します。
理解を完全にし、テキストすべてを理解した状態を目指します。
ただし、一度の学習で分かろうとすると、ストレスがかかります。
数回のフォーカスを変えた重ね読みで完成を目指すことにします。

【ポイント】
3回繰り返し読んで理解を完全にし、
さらに何度も読んで十分な理解を手に入れる。

具体的にはこんな感じで読み重ねます。
なお、9s/pというのは「1ページ9秒ペース」という意味です。

関連するエントリー

  1. 新渡戸稲造式ボールペン活用術

  2. 語彙を増やすために、どう速読技術を活用するか?

  3. その読書はあなたの中に何を残したのか?

  4. 知的レベルを上げたい人は何冊読めばいい?

  5. 百聞は一見にしく?しかず?

  6. 「プロたるにふさわしい」の条件って何だ?

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

Optionally add an image (JPEG only)