あなたは、あの本の中に、どんな星を見つけましたか?

「みんなも本を読んだ時 何かを感じるはずで…
 それは その人にしか見つけることのできない
 星だって思うんです。
 でも…形は違っても…同じ星だと思うんです。」
── 玉川重機著『草子ブックガイド(1)』

本の中に「私だけの宝」が見つかった時、
その宝は、本を閉じた後でも、
心の中で輝きを放ち続けます。
 
すてきな本というのは、そんな輝きを放つ星が、
読者の数だけ輝いているのでしょうか。
 
だからやっぱり、
本は小宇宙の比喩で語られるのかも知れませんね。
 
 
本が大好きなあなたには、
このマンガ、きっと心に響くと思いますよ。

関連するエントリー

  1. 「稼ぐ力を高める」ための読書とは?

  2. 「記憶に残る読書」にするために意識すべき3つのポイント

  3. 論点をすっきり整理して、伝わる発信力を手に入れる図解の技術

  4. 多すぎる書籍のあふれる時代は幸せか?

  5. 「返金保証?」─ そんな無責任な!と考える訳

  6. 力を付ける読書は「意味不明グリーン」から始めよう!

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Optionally add an image (JPEG only)