あなたは、あの本の中に、どんな星を見つけましたか?

「みんなも本を読んだ時 何かを感じるはずで…
 それは その人にしか見つけることのできない
 星だって思うんです。
 でも…形は違っても…同じ星だと思うんです。」
── 玉川重機著『草子ブックガイド(1)』

本の中に「私だけの宝」が見つかった時、
その宝は、本を閉じた後でも、
心の中で輝きを放ち続けます。
 
すてきな本というのは、そんな輝きを放つ星が、
読者の数だけ輝いているのでしょうか。
 
だからやっぱり、
本は小宇宙の比喩で語られるのかも知れませんね。
 
 
本が大好きなあなたには、
このマンガ、きっと心に響くと思いますよ。

関連するエントリー

  1. ニュートンは、リンゴに何を見いだしたのか?

  2. 読書で「学び」が生まれる瞬間

  3. 「わたしらしさ」が「価値」に変わるために必要なこと

  4. 速読をマスターした後、技術レベルを維持するための最大の鍵は……

  5. 学びの質を上げるために必要な「3つの窓」とは?

  6. 百聞は一見にしく?しかず?

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Optionally add an image (JPEG only)