【速読?】本は速く読むべきか? ゆっくりと読むべきか?【遅読?】

「本を読むのが速すぎても遅すぎても、
 何も理解できない。」
── パスカル著『パンセ』

本の読み方について語った本として有名な、
M.J.アドラー著『本を読む本』の中に、
「読書の速度」というパラグラフの中に、こんな一節があります。

「速読教室」では、さまざまな速度の読み方を教えるべきである。
つまり、読者が本の性質や難易に応じて自分で読みの速さを変えることが出来るように、教えなければならない。

世間には「熟読か? 速読か?」のような二項対立にして
考えたがる傾向があるものです。
 
しかし、実際のところ、時間・目的・状況(TPO)に基づいたフォーカスがあり、
そのフォーカスにふさわしい読み方があるというのが真実です。
 
正解は「ゆっくりと」でもなく、「速ければいい」でもないわけです。
 
コンテンツによって、フォーカスによって、
目的を達するのにふさわしい読み方をしましょう。
 
それが理解度を高めるコツであり、
あなたの読書の投資対効果を高める最大の秘訣なのです。

関連するエントリー

  1. 多すぎる書籍のあふれる時代は幸せか?

  2. 「身勝手の極意」が速読の極意である理由

  3. 高いレベルの速読をマスターする人は何が違う?

  4. 小難しい本を的確に読むための、たった1つのポイント

  5. 「眼を高速に動かす」では速読できない理由

  6. 誰もがはまる?! 速読の「落とし穴」?【#1/3】

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Optionally add an image (JPEG only)