人生の旅路をよき方向へ

「人生の旅はどこまで続こうと、
 まず一歩を踏み出すことから始まる。
 そして本を一冊読むたびに
 正しい方向に一歩前進するのである。」


 ── キングスレイ・ウォード著『ビジネスマンの父より息子への30通の手紙』

行動と経験が第一歩だったとしても、
 
その行動と経験を検証する「鏡」は必ず必要です。
 
先人の経験から学ばず、自分の失敗からのみ学ぶとしたら、
どれだけ失敗しなければいけないのでしょう!

関連するエントリー

  1. なぜ「読書を考える」ことと「人生を考える」ことはイコールなの…

  2. 「読書の基本」を作る読み方とは?

  3. 「何冊読んだ?」と聞きたがる人は「投資としての読書」シロウト…

  4. 小難しい本を的確に読むための、たった1つのポイント

  5. 速読で本の読み方がどう変わるか?

  6. あなたはハマってない? 効果的な学び方に関する「神話」の世界…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Optionally add an image (JPEG only)