学びの成果の責任を、講師がどこまで負うべきか?

今、私が通っているコピーライティングの講座が、
すごくよくって、仲間たちもどんどん成長していっています。
 
まだまだ学び始めてから、半年しか経ってないので、
さすがにお金をもらってコピーが書けるレベルの人は
あまりいません。
 
足りないのは実践経験
そして、実践に対するフィードバック
 
でも、卒業後もその「実戦経験⇒フィードバック」が得られる場が
ちゃんと用意されているんですよ。
 
もちろん有料です。
 
主催者としては卒業してからも収益を発生させる仕組みとして、
メリットがあると思うんですね。
 
でも、学ぶ方としても「お金を取っていいから、フォローしてーっ!」て
思うわけですよ。えぇ。
その金額をコストとしてとらえたとき、リターンがどのくらいあるか、
もちろん考えます。
 
Value=Return/Costという式で計算するわけです。
 
それで「Value<1」すなわち「割に合わない」と思う人は
利用しなければいいわけです。
 
「もう大丈夫。卒業します!」なのか、
「いえ、やっぱり無理です。あきらめます。」なのか。
それは不明ですが。
 
学びの場を提供する側としては、学び手が当初思い描いたゴールに
到達するまで、何らかの形でフォローする仕組みを用意する責任がある、
そう思います。
 
 
ま、主催者がそこまでやらなくたって、
勝手にやる人は勝手にやって、がんがん成長していくわけで。
 
 
ただ、それが出来る人は、ごく少数の「一流」と呼ばれる人なんですよね。(^^;
 
 
なにしろ、コピーライティング講座に、
その受け皿があったのはよかったな、と。
がんがん利用するぞ、と。
 
ま、講座本体がよかったから、
フォローまで利用しようと思うわけですけどね。当然!
 
 
途中の宿題など、スキルアップの支援も重要ですよね。
 
その部分では、実は「ちょっと物足りない」と思う時がありました。
なので、先生にガンガン、リクエストして宿題の出し方や量を
変えてもらいました。
 
受講者さんの中には悲鳴上げてる人もいらっしゃいましたけど。(笑)
 
でも、悲鳴上げるくらいやらないと、絶対ダメですよ。
適当にやってできるような講座じゃ、高い成果は見込めません。
そして、ほとんどの人はそれをこなしていましたし、
成果もちゃんと上がっています。みんな素晴らしい!
 
 
実はフォーカス・リーディングも、事後のフォローのシステムが
いくつもあります。

  • 3時間あるいは6時間のフォローアップ講座が1年間3回まで無料です。
  • オンライン速読講座視聴は永遠に無料です。
  • 13ヶ月目以降は月額1200円の負担で、フォローアップ講座などが年3回まで無料です。
  • 月額1200円をお支払いくださっている方は、たったの15000円で3日間講座を再受講できます。(年に1回)
  • 同じく1200円のサポートの範囲内で、「読書力養成講座」(オンライン)を受講可能です。

速読を修得できなかった、という人は
それほどいないわけですが、
じゃぁ、みなさん本当に成果に満足しているかというと、
それはそうとは限りません。
 
だから、ご本人が「もっと!」と思うなら、それに応えたいと
思うわけです。
 
12ヶ月間は無料です。
13ヶ月目からも、単行本1冊分より安い金額です。
 
でも「有料なら要りません」って拒否する方もおられます。(^^;
 
以前、
 
「本当に読みたい本に挑むために、
 速読のレベルをもっと高めたいので、
 再受講します!」
 
とメールをくださった方がおられました。
 
ご自身の受講から13ヶ月目、再受講の権利が
手に入ったタイミングで(1年間は再受講不可なので)、

受講者さん
どう申し込んだらいいんですか?

それで、私からの返信。

寺田
月額1200円のサポートを利用していることが前提ですので、その手続きが済んでから、講座に申し込んでください。

 
そんな返信をしました。
 
そしたら!

受講者さん
サポート料のこととか聞いてません。お金が別にかかるなら受けたくありません。

 
というキレ気味のメールが届いて、それっきり…(汗)
 
 
本当はね、ここで発想の転換が必要なんですよ。
 
その1200円は何に支払っているのか?
 
別に「寺田を養うため」ではないわけです。
もちろん、刹那に泡と消える消費をしているわけでもない。
 
「本当に読みたい本を、快適に読みこなすため」に
支払うべきコストなんですね。
 
そして、それは間違いなく投資であって、
きっと「未来の自分の知性を高めるため」なんです。
 
その未来が、月額1200円に値しなかった?
 
だとすると、すごく悲しいことですよね。
悲しいまでにセルフイメージが低すぎる…。
 
その1200円で、どれだけ自分の学びが加速するのか?
不安が解消されるのか?
さらに高いレベルの学びが手に入るのか?
 
さすがに、それを説得するのは「講師の責任」ではないと
判断して「そうですか、それは残念です!」と言って
お別れしたわけですが。
 
ちなみに、再受講で1席埋まると、
新規のお客さんの席が1つ減ります。
 
売り上げ的にはマイナスです。
 
でも、「もっと学びたい。学び直したい。」と思う人がいれば、
それは「講師の責任」として受け容れなければならないと
思って、このシステムを用意しています。
 
なかなか「親の心、子知らず」って感じでもどかしいものです。(苦笑)
 
あなたが、もし「講師」なら、ぜひ「もっと学びたい」と思う人の
背中をしっかりと押して、最高の成果につながるシステムを
用意してください。
 
学びのプロセスも、修了後のフォローも。
 
もしあなたが「受講者」なら、ぜひ「自分が目指したゴール」を
見失わず、それを確実に手に入れるまで、貪欲に投資を続けましょう。
 
お金を払うだけが投資ではありませんよ。もちろん。
でも、そこでケチってももったいない!
 
セルフイメージを高く保ち、「高いお金を払うに値する私」を作りましょう!

関連するエントリー

  1. 速読で解決したい本当の問題は?

  2. 国家の財政破綻を見て我が振り直す…

  3. 「人はパンのみに生きるにあらず」的読書の価値

  4. 地味に読み継がれる名著『ケアの本質』は、プロを目指す人、必読…

  5. ○○を制するものは集中力を制する

  6. 大学時代で身につけておきたい!「学習メタスキル」としての速読…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Optionally add an image (JPEG only)