肩の力を抜いて、読書を楽しめる生活…憧れます…

「晴れのち曇りときどき読書。
 ときどき散歩、ついでに映画。」
── 松浦寿輝著『晴れのち曇りときどき読書』

人生を全方位で楽しむ。
 
別に「自己投資」なんて言わなくてもいい。
自然体で、映画も散歩も読書も、そして友だちづきあいも、
すべてを心で味わう生活。
 
奥行きを感じる人、人生を存分に楽しんでいそうな人って、
そんな人なのかなって思います。
 
私なんぞ、必死で本を読み、必死でセミナーを受けております。
 
それでも、まだまだ人並みになれず…
 
いや、必死だからダメなのか? なんて思ってみたり。
 
 
でも、自然体で楽しんで、
それで人間性やらビジネスセンスやらを
磨いていけるような素地がない以上、
そこを技術として磨いていくことは必須だと
心から感じます。
 
手放せていないだけ?
 
それとも、まだ下積み時代だから仕方がない?
 
それは分かりませんが、
いつか自然体で人生とビジネスと教育を楽しみ、
それが大きな社会貢献にもなり・・・
そんな境地に至れればと思います。
 
肩の力を抜いて読書を楽しんで、
映画も散歩も楽しめる…そんな人生をいつか!
 
 
決して
「今日の一針、明日の十針(A stitch in time saves nine.)」
の無限ループになりませんように…

関連するエントリー

  1. 「良書」とは何か?

  2. 「返金保証?」─ そんな無責任な!と考える訳

  3. 自己投資の限界金額は何で決まるか?

  4. ドキュメンタリーやニュースはフィクションか、ノンフィクション…

  5. 速読力が鈍ってきたら、何をすべきか?

  6. 【速読の活用】読書の中で、いかにして「速さ」を使いこなすか

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Optionally add an image (JPEG only)