速読講座で読書スピードが上がる理由・上がらない理由

ビジネス速読技術「フォーカス・リーディング」の講座では、丁寧に読むスピードが3-10倍程度に上がります。
 
ただし、読む本の難易度や読む目的によって、そのスピードも質・深さもまったく変わります。
むしろ、それを意図的に変えていく必要があります。
 
実際のスピードの幅はこんな感じ。

  • 読み慣れたジャンル・読みやすいと感じる本
    ⇒1ページ6秒前後(1冊200ページで20分ペース)
  • 文字が多めの本、内容がやや濃いめの本
    ⇒1ページ9秒前後(1冊200ページで30分ペース)
  • ハードルが高めの本、内容が濃い本
    ⇒1ページ12-15秒前後(1冊200ページ40-50分ペース)

ただ残念なことに、年に1~2名程度なのですが、「3日間では、まったく成果が上がらなかった!」という方もいらっしゃいます。
 
そうなることは2日目のお昼には、お互いに(受講者本人&私共々)予想できています。
それでもなお、乗り越えられずに終わり、最終日の読書スピードがスタート時点(初日)とほぼ同じ…。
 
その伸びない原因は、全員まったく同じです。

読書スピードが上がる理由

書籍『フォーカス・リーディング』にも書いているとおり、速読というのは「読み方を加速する」のではなく、「読み方をシフトする」ことで実現します。

  • 姿勢を整え(上虚下実)、呼吸を整え(丹田呼吸)、鎮まりを作った上で、呼吸や視野の感覚にフォーカスすることで脳のステート(状態)を変える。
  • 読む意識の状態を、「読むぞー!」という積極的・能動的な状態から、受動的に「受け止める」状態に変える。
  • 「速く読むぞ」、「ちゃんと読むぞ」という執着を手放し、ゆったりした気持ちで気楽に読む。

 
まさに禅の世界そのもの!
 
速読って、がんばって努力した結果、少しずつ伸びていくんじゃないんですよ。
 
今までの読み方、今までの意識、今までの手応えを手放せると、ある瞬間、スッと感覚が変わり「これが速読か!」という手応えが手に入るんですね。
 
その感覚のカケラを手に入れてから、それを完全に使いこなせる状態になるまで、とことん試行錯誤します。
 
ちなみに、2日目のお昼頃に「なんとなく感覚が分かった気がする」と感じてから、それが使いこなせるようになるまで、丸一日かかります。

読書スピードが上がらない理由

上がる理由もはっきりしていますが、上がらない原因もはっきりしています。
 
それは、これまでどおりの読書を「手放せなかった」こと。
 
この、まったく新しい読書を再構築するプロセスには、ある種の不安がつきまといます。これは、未体験の成果を手に入れに行く場合、必ず体験しなければならない恐怖であり不安です。
 
未来の可能性を奪うのは、
たいていの場合、
今立っている安心感のある場所を離れる恐怖心です。

 
「別に命を落とすわけでも、怪我をするわけでもないので、リラックスして手を放しましょう」とのアドバイスは、ほとんど機能しません。

元々ハイレベルな読書をしていた受講者さんのケース

実は、ここ5年の「まったく変わらず」の方には、ある傾向がありまして…。
 
それは「かなりの割合で東大卒」ということなんです。
 
ある方からは「全然、変わんねーじゃん」と最後に文句を言われました。(^^;
 
その方は、もともと読むのが速くて、分速1700文字(1ページ15秒)スタート、1700文字で終了。
 
ただ、周囲の人達が劇的に変わっているのを見ていたので「事後の集中サポートは、騙されたと思ってまじめに受ける」と約束をして下さいました。
 
他の方とまったく違うトレーニングを提案し、メンタルブロック解除の作業をしてもらった結果、たっぷり1週間かかりましたが、5,400文字(新書で1ページ5~6秒)に伸びました。

【その時のレポート(2週目後半)】
■「歯の健康学」(岩波新書・赤)江藤一洋
 102p/10分(理解度70%)、振り返り106p/5分
■「感染症と文明」(岩波新書・赤)山本太郎
 110p/10分(理解度60%)、振り返り106p/5分
■「風評被害」(光文社新書)関谷直也
 100p/10分(理解度80%)、振り返り110p/5分
 
【本人のコメント】
先生が以前おっしゃっていた「新書にもシリーズによってレベルがある」ということは理解できました。キャッチーな新書ならジャンジャン読めるようになりそうな予感です。
 
【寺田補足】
その後、フォローアップ講座にいらっしゃったのですが、1日1冊ぐらいのペースで岩波新書を読み続けているということでした。講座の測定値では、岩波新書を1ページ6秒で読んでいらっしゃいました。

「今持っている成果」をどうしたら手放すことができるか?

メンタルブロック以外の原因で挫折する方は、この数年間では皆無です。
 
一人一人の状況をしっかり把握できるように、受講者の人数を絞り込んでいますし、それぞれの状況を見極めながらトレーニングの課題を変えてもいきますので。
 
もちろん、全員が同じ高い成果を上げているという話ではありません。
読書の経験値が少ない方は少ない方なりの成果です。ですが、読み方とスピードは完全に変わりますし、何より「読書が楽に、楽しくなる」というとてつもなく大きな成果を手にしてお帰りいただいています。
 
 
伸びない原因はメンタルブロックしかありません。
 
 
そしてこれを解除するのには、それなりの時間がかかります。
 
たいていの場合、レッスン2日目には分かります。
途中、様々なアドバイスをするんですが、そのアドバイスを受け付けないのがメンタルブロック。
当然、受け容れられません。
 
最後の最後に「全然伸びていない」という現実と対峙し、「こりゃ、なんとかしなければ!」という想いに至って初めて、可能性の扉の鍵が外れるわけです。
 
鍵が外れさえすれば、あとは恐怖を感じないで済む、登りやすい階段を用意して差し上げるだけ。
 
段差が小さい階段ですから、当然、登り切るには時間がかかります。
しかし、小さな変化を体験し、積み上げていくうちに、いつの間にか劇的なシフトが起こっていた!という変化を体験していただけます。
あとは、モチベーションを落とさずに3週間続けるための仕掛けと仕組みを用意するだけ。もちろん、本人のマインドに依存する部分も大きいわけですが。
 
 
ということで、フォーカス・リーディングの基本原理的な部分を解説してみました。
 
参考にしてみてください。(^^*

関連するエントリー

  1. すぐには役に立たない本をたしなむ、ということ

  2. 続・「近頃の若者は本を読まなくなった」はウソですか?

  3. 効果的な読書ノートって、どんなノート?

  4. 速読で新しいジャンルを学び、使える記憶を手に入れるには?

  5. 「わたしらしさ」が「価値」に変わるために必要なこと

  6. 会話を盛り上げ、相手の本気を引き出すコミュニケーション技術と…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Optionally add an image (JPEG only)