「読書の基本」を作る読み方とは?


「読むことを学ぶためには、
まずきわめてゆっくりと読まねばならぬ。」
── エミール・ファゲ著『読書術』

子どもに速読を学ばせることは、
目先の「テストの点数」を取りに行きつつ、
「未来を創る読書の基礎力」を破壊しかねません。
 
では、大人は?
 
目的が何かによって変わりますが、
まず大切にすべきは、書き言葉として表現された
意図、世界観を十分に理解できる力。
 
だとすると、まずは「極めてゆっくりと読む」ことの価値を
もっと大事にすべきかも知れません。
農耕型の読書と、狩猟採取型の読書。
どちらも大事にしていきたいものですね。(^^*

関連するエントリー

  1. 自己成長のために何を読むべきか?

  2. 【読書を阻む壁】あなたの「時間がなくて読めない」は真実か?

  3. 「仕事から帰ったら疲れ果てて勉強できない」問題にどう対処する…

  4. 地味に読み継がれる名著『ケアの本質』は、プロを目指す人、必読…

  5. 目次は読むべき? 時間の無駄?

  6. 「何冊読んだ?」と聞きたがる人は「投資としての読書」シロウト…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Optionally add an image (JPEG only)