なぜ、あなたは読書ストラテジーを学ぶべきなのか?

こんにちは。読書と学習法のナビゲーター、寺田です。
 
日本の学校教育には決定的に読書指導/教育が欠けています。
 
それで私たちは、これといった戦略もテクニックもなく、
感覚的に読んでしまいがちです。
 
もちろん、「何も考えずに読んでいる」ことは
少ないでしょうし、実際、アンケートをしてみると、
様々なストラテジーを駆使しているものです。
 
例えば、

  • 難しいところでは、ペースを落として丁寧に読む。
  • 理解できなかったと感じたら、ちょっと戻って読み直す。
  • 重要と思ったところに線を引きながら読む。

これらも立派な読書ストラテジーです。

“Verbal protocols of reading”(Pressley&Afflerbach, 1995)によれば、「予測・推測」、「重要情報の特定」、「推論」、「統合」、「理解モニタリングに基づく読解プロセスの変更」、「解釈」といった様々なストラテジーを読書前、中、後に活用しているとされています。

 
ただ、感覚的(無意識的)にやっていることは
コントロールできないものですし、
それが本当に効果的に使えているのか、
実際に効果の上がるやり方なのかも
評価できません。
 
何かを改善するためには、

  • 1.意識的な取り組みにすること。
  • 2.取り組みの結果を確認すること。
  • 3.結果の確認からフィードバックを分析的に手に入れること。

が必要なのです。

1の意図的な活用については”Handbook of Reading Research, Volume III”(Alexander & Jetton, 2000)より。ぶっちゃけ「意識的」でなければ、ストラテジーとは言えないというお話。
2, 3についてはドラッカーの著作から「フィードバック分析」のこと。

 
そして、当然と言えば当然なのですが、
読書ストラテジーを意識的に活用している人ほど
読書の理解は高くなります。
 
そして、面白いことに「読書ストラテジーを使いましょう」と指示したり(※1)、
「どのような読書ストラテジーがあるか」という知識を学ぶだけでも(※2)、
理解が促進されることが分かっているのです。

※1:このあたり、様々な心理学研究で示されていることですが、具体的にどのような実験が行われたのかは未確認です。
詳しくは「読解方略の指導」(犬塚美輪,2013)。
※2:”The effects of updating ability and knowledge of reading strategies on reading comprehension”(Marloes, Muijselaar & Peter, 2015)

 
つまるところ、読書というのは漫然と読むものではなく、

  • テーマにまつわる前提知識の整え方
  • 読み重ね方
  • ミクロレベル(単語、文脈)の理解の深め方
  • マクロレベル(構造、ロジック)の理解の深め方、構築の仕方

といったことを理解した上で少しずつ実践し、
自分なりにどのような理解が高まったのかを
意識的にモニタリングしながら
読んでいく必要があるというわけです。
 
上に紹介した学術論文には、
読書ストラテジーの知識を持っていることが
高い理解度につながっている
という研究結果が示されています。

 
であれば、読書ストラテジーとは何か、
どのような方法があるのかってことを
学んでみる価値はありそうだぞ、と。
 
もちろん、少しずつ意識して使っていくことは
重要ですがね。
 
もし、「読書ストラテジー」について
学んでみたいという場合は、
ダイレクト出版の
「フォーカス・リーディング読書法講座」
をどうぞ。
 
残念ながら、先進国で恐らくは唯一日本だけが
読書教育」という概念を持っておらず、
書籍などを見わたしても、学術的な観点から書かれた
分かりやすい読書法の本は存在しません。
(完全な学術的な資料としての書籍はありますが…)
 
がんばって、2019年の秋には、
上記、ダイレクト出版の教材の内容を
さらに分かりやすい書籍として出版したいと
考えております。
 
それまでは動画教材をご利用くださいませ。

関連するエントリー

  1. 読書量が質につながらないのは「ゾンビ的読書」が原因かもよ?

  2. あなたの読書を「身につく」ものに変える読書力養成ワーク

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

Optionally add an image (JPEG only)