あなたの読書は「よいこの読書」になっていないか?

「事実、読書は一種の悪徳なのだ。」
── ヴァレリー・ラルボー著『罰せられざる悪徳・読書』

必要に迫られて読む実用書や、
気分を良くするための自己啓発書などは、
ある種のサプリメントや薬のようなものかも知れません。
 
自己投資というと、いい響きですが、
どこか「よいこ」の読書にも見えてきます。
 
 
しかし、「悪徳」たる読書とはいかに?
 
 
「よいこの読書」、
必要に迫られて読む「学びの読書」では、
得られない世界が、読書には確かにあります。
 
自分のまったく知らなかった世界へと誘い、
思ってもみなかった価値観を突きつけ・・・
 
未知の世界を旅するドキドキ感。
 
未知の思想、未知の世界をのぞき見、
さまようような背徳感。
 
 
そういえば、中高生の頃に、武者小路実篤の小説や、
星新一の作品を読んでいたときというのは、
そういうドキドキ感にあふれていたような気がします。
 
大人の世界を、背伸びしてのぞき見するような…。
 
 
大人になって、そういうドキドキ感、
一種の「のぞき見」している背徳感を
味わうような読書をしたのは、いつのことか…?
 
 
ひょっとすると自分の読書が、
遊びのない、
スケールの小さなものになっているのかも知れません。
 
それはもったいない!
 
もっともっと自分の小さな世界をぶち壊すような
悪徳感たっぷりの読書を取り戻さねば!

関連するエントリー

  1. 手に入れるべきは「インプット技術」か?

  2. 【もうメディアに欺されない!】嘘を見抜く「眼」を養う入門書×…

  3. あなたはハマってない? 効果的な学び方に関する「神話」の世界…

  4. 1 mmたりとも手を抜かないのが「プロ」たる所以

  5. 読書で想像力は鍛えられるのか?

  6. 【読書を阻む壁】あなたの「時間がなくて読めない」は真実か?

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Optionally add an image (JPEG only)