スポーツを読書で鍛えるとは?

自分自身の反省も含まれている。
若いころからスポーツ万能だったが、
ゴルフでは九州大会止まり。
(中略)
「もう少し本を読んだり、心のゆとりがあれば、
 もっと高いレベルにいけたと思うんです。」


 ── 松井宏員著『ドリーム・ショット』

宮里藍選手の父、優さんは、ゴルフには肉体的要素と共に、
 
イメージ力、落ち着きなどの頭と心の要素が大事だと語ります。
 
前者を「動筋」、後者を「静筋」と呼んでいます。
 
そして、静筋は読書によって鍛えられると語ります。
 
コラム『小久保選手、宮里藍選手、JFAが認めた脳力開発法』

関連するエントリー

  1. 自ら学ぶ力が高い人は、いったい何が違うのか?

  2. 思考と情緒の正体は○○である、というお話

  3. 相手のアタマと心に刺さるコトバは、どうしたら生み出せるか?

  4. なぜ彼は速読講座の最後の最後に「キレた」のか?

  5. 明日の自分に熱いバトンを渡す「すごい一人会議」

  6. プロフェッショナルを目指す人が読むべき1冊

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Optionally add an image (JPEG only)