スポーツを読書で鍛えるとは?

自分自身の反省も含まれている。
若いころからスポーツ万能だったが、
ゴルフでは九州大会止まり。
(中略)
「もう少し本を読んだり、心のゆとりがあれば、
 もっと高いレベルにいけたと思うんです。」


 ── 松井宏員著『ドリーム・ショット』

宮里藍選手の父、優さんは、ゴルフには肉体的要素と共に、
 
イメージ力、落ち着きなどの頭と心の要素が大事だと語ります。
 
前者を「動筋」、後者を「静筋」と呼んでいます。
 
そして、静筋は読書によって鍛えられると語ります。
 
コラム『小久保選手、宮里藍選手、JFAが認めた脳力開発法』

関連するエントリー

  1. 自己投資としての読書⇒どんな本を、どれだけ読むべきか?

  2. 多すぎる書籍のあふれる時代は幸せか?

  3. ベストセラー書『GRIT』を読んで、どう「やり抜く力」を手に…

  4. 2017年、残り4ヶ月を充実させるための教科書(3冊)

  5. 【7つの習慣】年度初めの多忙シーズンこそ「刃を研ぐ」+「スマ…

  6. 未知を取り込み、既知の世界に変えていく読書

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Optionally add an image (JPEG only)