スポーツを読書で鍛えるとは?

自分自身の反省も含まれている。
若いころからスポーツ万能だったが、
ゴルフでは九州大会止まり。
(中略)
「もう少し本を読んだり、心のゆとりがあれば、
 もっと高いレベルにいけたと思うんです。」


 ── 松井宏員著『ドリーム・ショット』

宮里藍選手の父、優さんは、ゴルフには肉体的要素と共に、
 
イメージ力、落ち着きなどの頭と心の要素が大事だと語ります。
 
前者を「動筋」、後者を「静筋」と呼んでいます。
 
そして、静筋は読書によって鍛えられると語ります。
 
コラム『小久保選手、宮里藍選手、JFAが認めた脳力開発法』

関連するエントリー

  1. あなたの読書を「浪費」から「投資」に変えるための鍵は…

  2. 本さえあれば生きていける…?

  3. 「わたしらしさ」が「価値」に変わるために必要なこと

  4. 誰もがはまる?! 速読の「落とし穴」?【#1/3】

  5. 同じ(に見える)結果が得られるとすると、どっちのルートがお得…

  6. どうしたら人生の重大事を置き去りにせずにすむのか?

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Optionally add an image (JPEG only)