速読&読書ストラテジー研究《九州大学大学院・博士課程》

「本を読む」ことが「人生を考える」こととイコールだというワケ

「人生を真剣に生きようとしたら、何人も読書というものと、無関係ではありえないというわけである。」
── 森信三著『人生論としての読書論』

『修身教授録』という、人としてのあり方について問う書で有名な森氏の読書論。
彼は、人生を考えることと、ほぼイコールで読書を考えることと語ります。
 
「あまり本を読まない」ということは、ニアリーイコールで、「あまり人生を生きていない」ということだ、と。

いぶかしさん

そこまで大げさにいう? 本なんて読まなくたって生きていけるし、必要な情報はネットで大抵のことは学べるじゃない…?

 
そう考える方も、きっとたくさんいらっしゃることでしょう。
 
では、こういう命題はどうでしょう?

寺田

「自分の人生は、自分で主体的に創るものである。」という命題ですが…

人に支配されず、人の言説に煽られず、主体的に考え、主体的に生きることこそが、私の人生の重大事である、という考え方。
 
それでも、

いぶかしさん

別に、そこまで大袈裟に考えなくたって、流されて生きていってもいいんじゃない?

 
あなたが本当にそう思うなら、それはそれで構いません。それもまた、あなたの人生ですから。
 
多分、読書というのは、自分の人生を主体的に生き、今を能動的に過ごしていきたいと思う人のもの。
だって、私たちの思考回路も、知性も、感性も、あらゆる外界へのアンテナと、受け止めたものの受け皿は言葉と体験でできています。体験は言葉で整理されて初めて再生可能で、伝達可能な知恵に変わります。
 
そして、残念ながら「動画」で学ぶことはとても難しい。
人間の意識的な処理というのは、とてもキャパが小さいので、視界に展開され、意識的に操作される状態の情報でないと、うまく処理できません。もちおrん、高速にも。
 
だから、暗算より筆算の方が、複雑な計算を正確に高速に処理できるわけです。
 
しかも、動画って、誰かが学び、編集・咀嚼した3次情報です。書籍と違って、その信頼性も正確性も保証されません。
 
 
もしあなたが自分の人生を、自らの意志で創ることを大事と思うならば、あなたは、あなたの哲学、あなたの美学にしたがって、より善く生きることを考えていくことになるはずですが…
 
その時、何を根拠に判断し、何を根拠に行動するか?
 
誰しも自分オリジナルの言葉なんてものは持ち得ず思考回路の100%を他者から学び、それを自分の体験の中でユニークなものに熟成・発酵させてきたに過ぎないのです。

だから ── 人生を創ることは学ぶことであり、それはとりもなおさず、人から学ぶことであり、あるいは人の体験を間接的に体験することであり、
どう考えても「読書」を通じて学ぶことこそが、最高で最適な方法だと言えるわけです。
 
直接的に誰かから学ぶとしても、その「誰か」を選ぶ判断基準も、その人の言説の妥当性と信頼性も、やはり本からしか学び得ませんからね。
 
 
というわけで、自分ならではの人生を主体的に楽しみたいと思うなら、やっぱり本を読みましょう。
 
読書が楽しくなれば、そして読書の幅が広がれば、人生の幅も広がり、そしてもっともっと豊かになるはずです。

0 0 votes
Article Rating

この記事は役に立ちましたか?

もし参考になりましたら、下記のボタンで教えてください。

関連記事

Subscribe
Notify of
guest
0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments
0
Would love your thoughts, please comment.x
()
x