西南学院大学での速読法+読書力養成講座スタートしました!

今日から西南学院大学の読書力養成講座がスタートしました。
 
大学の読書講座では、次の4つの技術をブラッシュアップすることを狙っています。

  • 深く読む熟読の技術
  • 素早く流れをつかむ速読の技術
  • ロジカルに思考を展開する思考の技術
  • 意見や想いを適切に伝える発信の技術

ある意味で「大学での学問の基礎」とも言えますし、
社会人になってからも通用するメタスキルとも言えます。
 
すべて「技術」ですので、まずは「型」を学んで身につけ、
さらに時間をかけて取り組みながら「力」に変えていくべきもの。
 
だからこそ、こういったメタスキルは、
一日も早く身につけるべきだと私は考えています。
 
このとき、「速読」と「熟読」はセットです。
 
とりわけ、もともと読書に苦手意識を持っていて、
本を1冊読み通すことにも壁を感じているということなら、
まず、速読技術をマスターしてください。
 
1冊30分でざっと流し読み、さらに40~50分で丁寧に読み重ねる、
そんなレベルの速読は誰にでも身につきます。
 
これくらいの時間で1冊読めると、
2~3日で1冊を読みこなすことが、とても楽になります。
 
それで3日に1冊読むと、年間120冊。
 
これだけの本を、コツコツ読み重ねるのと、
読まずにスルーしてしまうのとで、
どれだけの差を生んでしまうか? -そう考えてみてください。
 
 
それから、これは講座の中で私が学生さんたちに語った話なのですが、
 
「若いうちは無目的に本を読んでいこう」
 
というお話。
 
社会人の読書は、どうしても「何かに活かす」というスタンスになりがちです。
 
それが悪いということではありません。
 
ただ、そのために指向性が狭くなりすぎるのは問題だと思うのです。
 
無目的というのは、
 
「本、それ自体の世界観と言葉を楽しむために本を読む」
 
ということ。
 
 
社会人も、これは忘れないで欲しいのです。
 
本の世界に没入する読書。
 
本の中で、著者の体験を追体験する読書。
 
立ち止まり、思索し、感慨にふける読書。
 
読んだ後に思考回路も感情も変わってしまうような読書。

 
そのためにも「ビジネスや専門に直結する読書」を離れる勇気を持っておきましょう。
 
月にたった1冊でかまいません。
 
そういう本そのもの目的として、楽しむだけの読書を、ぜひ持ってください。
 
 
時には、哲学書を。
 
時には、歴史ものを。
 
時には、経営書を。
 
時には、政治・経済ジャンルを。
 
バリエーション、ジャンルの幅を作るつもりで選書できると、なおいいですね!
 
 
ということで、西南学院大学での読書講座を始めるにあたって2つの話のシェアをお届けしました。(^^*

関連するエントリー

  1. 【秘伝】速読&高速学習メソッドまとめ【公開】

  2. 【目標達成へ!】今年残り2ヶ月を価値あるものにするために、今…

  3. 電子書籍と紙の書籍、読む時に気を遣うことって違うの?

  4. 情報が受け手によってとらえ方が変わる訳

  5. あの速読講座の効果は単なるプラシーボ効果だったのか?!

  6. 速読の出番はない…!

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

Optionally add an image (JPEG only)