雑食スタイルでいこう!

「どんな本であれ、読んだものは自分に何らかの
 影響を与え、記憶や知識に残っていくものなので
 ムダってことは絶対ないなあ。」


 ── 大田垣晴子著『わたくし的読書』

好きだから読む、必要だから読む。
 
そこを離れて、「出会ったから読む」にシフトできると
 
世界がじわじわと広がり、
 
しなやかな心と頭の強さを作っていってくれるはずですね。
 
幅広く書籍をお薦めしてくれる人や会をフォローして、
 
「勧められたらすべて読む」を実行する?

関連するエントリー

  1. 地味に読み継がれる名著『ケアの本質』は、プロを目指す人、必読…

  2. あなたは本当に自由?─「自由」について哲学するための一冊

  3. 本を読む必要なし…?

  4. 情報が受け手によってとらえ方が変わる訳

  5. 本は批判的に読むべきか、信頼をベースに読むべきか?

  6. 著者との共同作業としての読書

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Optionally add an image (JPEG only)