読め、ひたすら読め!

「本質的に余暇に恵まれた若い世代に
「読メ、ヒタスラ読メ」ということを言いたい。
精神の貯金は、ある一定の年齢でないとできないのである。」

── 紀田 順一郎著『読書人の周辺』

無目的に、ただ無心に本の世界に没頭し、
言葉と戯れ、時に格闘し、
イメージをふくらませ、妄想に浸り、
言葉の織りなす世界を体験するような読書。
 
効率なんて言葉がもっとも似合わない世界。
 
若いうちに、そんな読書を充実させておきましょう。
その土台があってこその知性です。(^^*

関連するエントリー

  1. 読書教育研究に挑む僕が、大学生の君に「本を読んで欲しい」と願…

  2. ジェネリック医薬品ならぬ「ジェネリック・スキル」って何だ?

  3. 速読技術のレベルを上げるために必要な、たった1つの行動

  4. 読書の学びを深めるために、必ず取り入れるべきもの

  5. 2ヶ月に1冊読むだけで、あなたの知性を間違いなく高めてくれる…

  6. あなたは「社会貢献のドーナツ化現象」を起こしていないか?

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Optionally add an image (JPEG only)