読め、ひたすら読め!

「本質的に余暇に恵まれた若い世代に
「読メ、ヒタスラ読メ」ということを言いたい。
精神の貯金は、ある一定の年齢でないとできないのである。」

── 紀田 順一郎著『読書人の周辺』

無目的に、ただ無心に本の世界に没頭し、
言葉と戯れ、時に格闘し、
イメージをふくらませ、妄想に浸り、
言葉の織りなす世界を体験するような読書。
 
効率なんて言葉がもっとも似合わない世界。
 
若いうちに、そんな読書を充実させておきましょう。
その土台があってこその知性です。(^^*

FavoriteLoadingお気に入りに登録
0 0 vote
Article Rating

関連記事

Subscribe
Notify of
guest
0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments
0
Would love your thoughts, please comment.x
()
x