読め、ひたすら読め!

「本質的に余暇に恵まれた若い世代に
「読メ、ヒタスラ読メ」ということを言いたい。
精神の貯金は、ある一定の年齢でないとできないのである。」

── 紀田 順一郎著『読書人の周辺』

無目的に、ただ無心に本の世界に没頭し、
言葉と戯れ、時に格闘し、
イメージをふくらませ、妄想に浸り、
言葉の織りなす世界を体験するような読書。
 
効率なんて言葉がもっとも似合わない世界。
 
若いうちに、そんな読書を充実させておきましょう。
その土台があってこその知性です。(^^*

関連するエントリー

  1. 速読トレーニングにかかる時間ってどれくらい?

  2. 電子書籍と紙の書籍、読む時に気を遣うことって違うの?

  3. 速読講座の成果が上がりやすい人の特徴

  4. 読書で手に入るものは何か?

  5. 中学生の文章読解力がヤバイらしい。─ でも、それは子どもだけ…

  6. あなたの「本の読み方」はどれだけ合理的か?【読書戦略のススメ…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Optionally add an image (JPEG only)