読書で想像力は鍛えられるのか?

「想像力が乏しい者に
 無理やり読書をさせようとすると、
 かえって想像力にけがを負わせる
 ことがある」
── 古賀節子監修『読書と豊かな人間性』

読書が想像力を豊かにしてくれるという話を
よく耳にします。
 
しかし、もし、想像力がなければ、と想像してみます。
果たして本を読んで理解できるのか、
空想の世界を楽しめるのか?
 
想像力が豊かだから読書ができるってことでしょうか。
 
読書が先か、想像力が先か。
まさに「鶏と卵」のような関係ではありますが。
 
これについて、養老孟司さんの本
『バカにならない読書術』にこんなくだりがあります。

 みなさん勘違いをしているのですが、読み聞かせをするから脳が発達するのではありません。脳が発達した結果として、読み聞かせた本の内容が理解できる。

この後に、それがなぜそうなのか、
どうしたら脳が発達するのかという
説明が続くのですが、長くなるので割愛。
 
ともあれ、冒頭の引用の意味が、
ちょっとリアルに感じられるでしょうか。
 
実際、読書が想像力を豊かにする力を
持っていることが真実であったとして。
体験というベースのないところに生まれた
耳年増的想像力は、あなたを幸せにしてくれるでしょうか?
 
 
読書の前に、まず体験を広げること、って考えるのがいいようで。

関連するエントリー

  1. 「眼を高速に動かす」では速読できない理由

  2. あなたは「社会貢献のドーナツ化現象」を起こしていないか?

  3. 読書と人が「人となり」を創る

  4. 学びの質を上げるために必要な「3つの窓」とは?

  5. 肩の力を抜いて、読書を楽しめる生活…憧れます…

  6. 「古典」はいかに読まれるべきか?── その3つの次元

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Optionally add an image (JPEG only)