「学び」を「力」に変えるために、絶対に必要なプロセスとは?

こんばんは。読書と学習法のナビゲーター寺田です。
 
今日から「ことのば」の教室で、
ビジネス速読術「フォーカス・リーディング」
3日間集中講座。
 
受講者は8人。
うち7人が知人からの紹介とのこと。
ありがたや、ありがたや…。
 
講座は、昼の1時にスタートして、19時終了。
それから皆さんで連れ立って晩ご飯へ行って参りました。
 
受講者の皆さんは、今からホテルに戻って宿題です。
 
 
実は「宿題」って、すごく重要なんですよ。
 
 
しかも、飯食って、ホテルでいったんくつろいで、
その後で「よし、やるぞ!」くらいがちょうどいいんです。
 
時々、

名無しさん
寺田さんが仕事をしている間、宿題をしたいので、教室の片隅をかしてもらえませんか?

 
という相談もあるのですが、基本的にNGなんです。
 
 
なぜか?
 

 
それは、レッスンを受けた直後の、
感覚がまだ残っている状態で、
しかも「レッスン会場」という特殊な環境だと、
わりかしスムーズにできてしまうから。
 
これって復習効果が低いんですよ。
 
どんな学習でも「かなり忘れかけてヤバイ!っていうタイミング」が
復習の効果が高くなるものなのです。
 
できている状態で、それを確認しても、
あまり脳の回路が育たないんですね。(^^)
 
勉強なら、その日のうちに「できた」という状態を作っておいて、
3日後以降に復習するのが理想。
 
 
速読講座は、3日間集中なので3日後ってワケにはいかないので、
その日の夜にしていただきます。
 
が、直後ではなく、晩ご飯を食べて、
ゆっくりしてからやってくださいね、というわけです。
 
 
しかも「学び」という受動状態で入力されたものを、
能動的に出力する作業が必要なんです。
 
講義を聴いたら、その日じゃなくて、
その週末くらいに、思い出せる程度のことを
ノートにどんどん書き出していく。
 
スポーツ系の取り組みやコピーライティングのような実技系なら、
習ったことをトレースするだけでなく、実際にやってみる、書いてみる。
 
そこで生まれた「できた!」にせよ「あれれ?」にせよ、
そのプロセス、その手応えこそが最高のフィードバックなんです。
 
そして、学びというのはフィードバックが生まれた瞬間に
成就するもの
だって考えるべきなんですね。
 
 
ということで、何かを学んだら、
数日経過してから能動的に出力する機会を、
できればたっぷりと確保すること。
 
そしてもちろん、それを継続的におこない、
どんどん経験値を上げていくことも必須ですね!
 
これこそが、「学び」を「力」に変える、
最大の秘訣なんです。
 
何かを学んでいるあなた、
まずは出力の機会を作りましょう!

関連するエントリー

  1. パソコン画面を眺めるだけの速読トレーニングって効果あるの?

  2. 「時間がなくて○○できない!」は幻想に過ぎない? スキマ時間…

  3. 知的レベルを上げたい人は何冊読めばいい?

  4. 社員研修としてのビジネス速読・3日間集中講座

  5. 【読書技術/読書戦略】フィードバックを受けられる環境で読もう…

  6. 【速読トレーニングのキモ】⇒速読は入力のシフトで可能になるの…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

Optionally add an image (JPEG only)