速読技術のレベルを上げるために必要な、たった1つの行動

こんにちは。読書と学習法のナビゲーター、寺田です。
 
あなたの技術が向上するか、停滞するか。
その両者を分けるもの…
 
それは、あなたがこの行動を取れるかどうか。
 
── 今日はそんなお話です。

速読研究講座が2つ終了しましたが…

 
先月から大学生向けの速読研究講座がスタートしました。
 
誰でも修得できますよ、とは言ってますが、
現実問題として、1割程度の人が
なんかうまくいかない…という悩みを持って
3日間を終了します。
 
それはこちらの図(グラフ)でも示しているとおり。

 
図中にも書いているとおり、
その皆さんも、その後およそ10日から2週間くらい、
自主トレの読書演習を続けていれば、
速読技術をそれなりに使いこなせるようになるものです。
 
悩んでいる人の状況に応じて、
「こういうトレーニングをしたらいいですよ」って
ご提案しますので、
それに従って淡々とトレーニングを楽しんでいただければいいんです。

ここからのアクションが成否を決める!

でも、「3日間で身につけられると思ったのに!」とか、
「あー、分からない!」と思う気持ちがどうしても芽生えます。
 
そのときに大切になるのが、このマインド。

Fake it, till you make it.

これはアメリカのことわざだそうですが、

やれるようになるまで、やれている気分で楽しめ!

とでも訳しておきましょうか。(^^)
 
実際ね、もやもやした状態で、
「今やっていることは、正しいんだろうか?」
とか考えても仕方がないわけですよ。
 
だって、正解が分からないんだから。
 
ただ1つ言えるのは、とりあえず気楽にやってみて、
うまくいく瞬間がわずかでもあれば、
それは素晴らしい体験になるし、
もしうまくいかなかったら、そこから何らかの
フィードバックを手に入れればいいわけです。
 
レポートを提出したら、私が答えますし。

気楽に、とにかく前に進もう!

悩んでいてもとにかくやってみる。
そしてフィードバックを手に入れる。
 
気楽にやりさえすれば、
必ず何かしらの出会いがあるものです。
 
そのときに大切なことは、
必死でやらず、常に自分をモニタリングしつつ、
いろいろ試してみる
ってこと。
 
そう、あなたが何かに停滞感を覚えていたとしても、
それが停滞したまま立ち消えになるのか、
そこから急カーブでゴールに到達できるかは、
あなたが

とにかくやってみよう!

というマインドで前に進められるかどうかにかかっています。
 
このことは、私のビジネスの師匠であり恩人でもある
石原明さんが、名著『成功曲線を描こう』の中で
こういう言葉で教えてくれています。

行動すれば、次の現実。

あらゆる成功者が、失敗で立ち止まらず、
前に進み続けた人だって話は、
きっとあなたも聞いたことがあるのでは?(^^)

3日間で悩みを残しつつも、前に進んでいる人は…

実際、3日間で悩みを抱えたまま終了しながらも、
果敢に前に進んでいる学生さんがたくさんいます。

速読技術のレベル云々より、
こういうチャレンジする姿勢が素敵ですよね?
 
こちらの学生さんも悩みつつ
前に進んでいます。

こういうふうに、
悩みもあるけど、とりあえず
できる程度にやってみよう!
という発想の行動こそが、
速読技術に限らず、あらゆる実践において
成功の鍵を握っていると、私は確信しています。

本日の結論!

速読技術のレベルを上げたかったら、
自分を俯瞰しながら、
気楽に試行錯誤を積み上げていこう!

寺田

停滞こそが最大の敵ですぞ!


登録解除

関連するエントリー

  1. 論点をすっきり整理して、伝わる発信力を手に入れる図解の技術

  2. 残念なツブヤキをまき散らさないための5つの防御策

  3. 速読の「落とし穴」、どうしたら回避できる?【#3/3】

  4. 指導者は、本気で関わろうとしているだろうか?

  5. 実際問題、「誰でもできる速読」のスピードってどのくらいなの?…

  6. 古典を読むべき、たった1つの理由

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

Optionally add an image (JPEG only)