寄付の後にやり残してはいけないこと


 
先週、「東北応援チャリティー講演会」と銘打って、6人の著者・起業家で福岡(&東京)・熊本で講演会をしてきました。
 
総勢、160名を越えるみなさんにお集まりいただきました。金曜日なんか、夕方6時スタートという無茶ぶりにも関わらず、ほとんどの方が定刻に着席してくださってました。本当にありがとうございました!
 
今回のチャリティー講演会の参加費は全額寄付に回ります。
今回ご参加いただけなかったあなたも、どこかで寄付をなさったことと思います。
 
余っているから、余裕があるから寄付をするのではなく、支援する必要があるから支援する── そんなあなたの心は本当にステキだと思います。
 
でも、1つだけ忘れて欲しくないこと、心に留めておいて欲しいことがあるんです。
 
それは・・・
 
ここで5000円使ったからって、
間違っても、他で節約しないでくださいね
ということ。
 
5,000円の参加費を払って、「いい講演だった。学びもあって、被災者支援もできた。よかったよかった。」で終わらせないでくださいね、と。
 
あなたがどんなに多額の寄付をしたとしても、そのお金は多分、一瞬で消えていきます。
 
もし、あなたが寄付した金額分を節約してしまったら、日本経済は簡単に萎縮します。
 
寄付したお金が消えた後、経済活動も消えていたら・・・!
 
 
 
寄付をしたあなたには、もう1つ義務が発生します。
 
それは、他で絶対に節約しないこと、そして寄付した金額に見合うだけ進化すること。
 
5000円寄付したのであれば、5000円余計に富を生み出せる人に進化しましょう。
あなた個人の給料は増えないかも知れませんが、チームや組織の富なら増やせますよね?
 
 
 
単発で金の卵をプレゼントするより、
金の卵を産むガチョウを自身の中に手に入れるんです。

 
 
 
私も、今日からさらに成長を加速します。
 
目指せ、金の卵を産むダチョウ

関連するエントリー

  1. 電子書籍と紙の書籍、読む時に気を遣うことって違うの?

  2. 読書とどうつきあう?

  3. どんな読書・学びなら、あなたは本当に変われるのか?

  4. あなたの「読んだ」がアテにならない、その理由

  5. 速読無料メール&動画講座で何が学べるの?

  6. なぜ小難しい本を読まないとダメなの?

コメント

  • コメント (4)

  • トラックバックは利用できません。

    • 寺田
    • 2012年 3月 14日

    佐藤さん、ごぶさたしてます。(新潟の佐藤さんですよね?)
     
    増税もだんだん現実味を帯びてきましたが、増税にせよ、寄付にせよ、それを受け入れる(お金を喜んで出す)のであれば、「だからといって節約しない」という気持ちが必要ですよね。
     
    ぜひ、また一緒に学び、成長していきましょう!
    ●●

    • 佐藤
    • 2012年 3月 14日

    私は、講演会には参加していませんが、中越地震の際に全国の人に支援してもらったこともあり、1万
    円寄付しました。
    たしかに、寺田さんのおしゃる通りです。
    自分が、寄付した分を成長すれば、これからの日本経済と一緒に上向いていくことができる。そう思ってやっていこうと思います。

    • 寺田
    • 2012年 3月 14日

    西角さん、こんにちは。
    西角さんもチャリティー講演会をなさっていたのですね。そっちも興味津々です。(^^
     
    私の場合、今回はすごい人達に囲まれての講演でしたので、自分の小ささが改めて浮き彫りになった感じです。そういう意味でも「さらなる進化を!」と心に誓った次第です。
     
    自分がどう行動することが、日本の未来を明るくできるのか真剣に考えたいと思いました。
    自分にしかできないことが、きっとあるはずだと、それを今、必死で模索しています。
     
    また、ぜひ情報交換、意見交換させてくださいね。
     
    ではでは。
    ●●

    • 西角けい子
    • 2012年 3月 14日

    「東北応援チャリティー講演会」お疲れ様でした。お伺いしたかったのですが、私も東京で、「チャリティー講演会」させていただいておりました。こんな状況だからこそ、発信する側も情緒に振り回されず、高い意識で活動することが大切ですね。当たり前のことながら、実際自分も、はじめて「チャリティ講演会」をさせていただいて痛感しました。切り口の斬新な寺田さんの鋭いブログ、今後も楽しみにしています。

Optionally add an image (JPEG only)