英語力不足の僕が、英語の学術誌を読む時に使っている秘密兵器

こんにちは。読書と学習の一流ナビゲーターを目指す寺田です。
 
大学院の入試の時、面接試験で、とある教授に「読書指導のプロを
目指しているのに、「読書科学」も読んでいないのか?」と罵られまして、
慌てて読書科学なる季刊誌を発行している団体を見つけて、
登録しました。
 
ただ、読書教育という点では、日本の教育界は先進諸国の中でも
ダントツで後れを取っており、世界レベルのものを読まないといかんかなと
思いまして、「INTERNATIONAL LITERACY ASSOCIATION」という団体を
探し出して、そちらの会員にも登録しました。
 
そしたら1ヶ月ほど経って、そちらの機関誌が届きまして、
最近は日本語の機関誌、書籍と並行して、
英語の論文&機関誌を読んでいます。
 
 
ですが、自慢ではありませんが、英語はこの10年ほとんど勉強してません。
 
3年くらい前だったか、旅行に行くためのトラベル英会話はやりましたが、
こういう学術的な論文も、マニアックな認知科学系の単語も関係ありませんし…
 
そういうわけで、1ページを読むのに、へたすると1時間くらいかかっています。(汗)
 
 
しかし!
 
 
今はスマホ+Googleのおかげで、本当に英文を読むストレスが激減してます。
 
Google先生、ありがとう…
 
知らない単語をGoogleで検索するとか、そんな手間のかかる方法では
ありませんよ!
 
スマホのカメラで写すだけで、自動翻訳です!
 

 
カメラで写している画に映っている英語を
勝手に翻訳して、しかも元の絵の中に画像処理を
ほどこして収めてくれています。(笑)
 
そこまでやる必要があるのか…という感じですが。
 
ですが、街で見かけた英語が気になったら、
さっとスマホを向けるだけで日本語訳されてしまうんですから、
これは便利です。
 
 
ただ、この機能は、今読んでいるような英語の論文とか、
雑誌とかだと、ちょっと面倒です。
 
広い範囲を写せませんし、うまくカメラを固定しないと、
翻訳画像がうごうごと動いてしまいますので…
 
なので、こういう場面では静止画を翻訳する機能が便利。
 
こんな感じです。

 
指で、翻訳したい部分をなぞるとハイライトされ、
そこの日本語訳が上部に表示される仕組み。
(サンプル画像は、指でなぞった範囲が広すぎて、
 下の行まで翻訳対象になってしまっています…)
 
使っているアプリは「Google翻訳」というやつ。
もちろん、iPhoneとAndroidの両方あります。


 
ただし、学術用語などはやはりこれだけでは
分からないことはあります。
その時は、Weblioさんに相談です。

 
いやー、本当に便利な時代になったものですね。(^^)
 
もちろん、それと並行して英語力(読解力)、語彙力を鍛えていく
必要は当然ありますので、目下、ぼちぼちと単語帳で勉強を
しているところです。
 
 
どんなことでも、ベースとなる能力がないと、ツールもテクニックも
使いこなせません。
 
しかし、そういうものを使いこなせると、すごく世界が広がりますよね。(^^)
これは速読というテクニックも同じかな、と思います。
 
今日はフォーカス・リーディングの入門講座特別編。
 
速読のテクニックと同時に、本質的な「読書の磨き方」を、
しっかりお伝えしてこようと思います。

関連するエントリー

  1. 未知を取り込み、既知の世界に変えていく読書

  2. オリジナリティで飛躍するために、まず!

  3. ビジネスで大切なことは、みんなシンデレラから教わった

  4. 2017年に読んだ本の中で、あなたにぜひ読んで欲しい6冊+α…

  5. 「早期退職教員に非はない」と言う人は視野が狭すぎる!

  6. 勝間本「目立つ力」のスゴサの秘密

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Optionally add an image (JPEG only)